ちくまプリマー新書

ちくまプリマー新書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ちくまプリマー新書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ちくまプリマー新書を含むブログ記事

libsaitamaさん
  • 雲と鉛筆
  • 雲と鉛筆吉田 篤弘ちくまプリマー新書予約数: 4予想待ち時間: 2か月程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】人の思いを、いちばん正確に書き残すことが出来るのは鉛筆です-。屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いて...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 本質をつかむ聞く力 −ニュースの現場から−
  • 本質をつかむ聞く力 −ニュースの現場から−松原 耕二ちくまプリマー新書予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】なぜ人はウソを信じるのか。膨大な情報に囲まれ、事実とフェイクの見極めが難しくなっている現代、記者や...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 翻訳ってなんだろう? −あの名作を訳してみる−
  • 翻訳ってなんだろう? −あの名作を訳してみる−鴻巣 友季子ちくまプリマー新書予約数: 0予想待ち時間: 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】「赤毛のアン」「不思議の国のアリス」「高慢と偏見」「風と共に去りぬ」…。誰もが知っている名作を紙上...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
robotic-personさん
  • 柳川範之(著)『独学という道もある』
  • 15冊の新書や文庫。「この本、持っているけれど」、「Kindle本で持っているけれど」もありましたが、「誰かにあげても・・」で購入しました)。 上の柳川範之 (著)『独学という道もある』(2009年、ちくまプリマー新書)は小宮山書店で売られていた1冊です。先のblogのように6月3日、山?記念中野区立歴史民俗資料館などへ行った際の往復の電車の中で一部斜め読みでしたが、一気に読んでしまいました。 「学びたい」という気...
  • ロボット人間の散歩道robotic-personさんのプロフィール
八田益之『覚醒せよ、わが身体。』重版発売中さん
館長さん
  • 2018年06月14日のつぶやき
  • 0「毎日新聞」の書評欄で紹介されました。源氏物語では誰かが誰かの身代わりになっていることが多く、不倫の恋はその身代わりによってなされている。→源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (ちくまプリマー新書) by 大塚… at 06/14 00:24fortune_ukyou / 占い師 右京RT @JKstaff: 『週刊 東洋文庫1000』 → https://t.co/T7Ok7ZcWBu at...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
BATANQさん
  • #宇田智子「市場のことば、本の声」
  • ラ」を開店。著書に『那覇の市場で古本屋──ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々』(ボーダーインク、第7回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞)、『本屋になりたい──この島の本を売る』(ちくまプリマー新書)がある。現在、古本屋店主として働きながら、さまざまな新聞、雑誌に執筆活動を行っている。...
  • 本屋は燃えているかBATANQさんのプロフィール
めがねさん
  • 雨の日だからできること
  • が捗る天気読みたかった本をご近所の古本屋で見つけ図書館の予約本も届くいつもよりも多く読める引き出しを一つ余計に片付けるさて 今月中他に何をしよう雨の日だからできること。おとなになるってどんなこと? (ちくまプリマー新書) [ よしもとばなな ]自然のレッスン (ちくま文庫) [ 北山耕平 ]にほんブログ村...
  • ミニマムな暮らし 1LDKめがねさんのプロフィール
横浜市議 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)さん
  • 「雑草」について 4232
  • その価値を見出されていない植物である」と米国の思想家エマソンは言った。この言葉に触れつつ、農学博士の稲垣栄洋氏は「雑草かどうかを決めるのは、私たちの心なのである」と(『雑草はなぜそこに生えているのか』ちくまプリマー新書)。“雑草”の烙印は人間の都合に過ぎない。」昭和天皇のエピソードがあります。戦後間もないころ、陛下が通られる場所の雑草を刈りが十分にできていなかったことを宮中の方がお詫びした際、陛下から「雑草という草...
  • 横浜市議 行田ともひとブログ横浜市議 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)さんのプロフィール
urat2004さん
  • 6月8日(金)のつぶやき
  • 満載!記事を書く検索ウェブこのブログ内で考えるための道具箱Thinking tool box6月8日(金)のつぶやき2018-06-09 01:50:38 |◎目次『翻訳ってなんだろう?』鴻巣友季子/ちくまプリマー新書。「翻訳とは一種の批評なのです」、「「翻訳読書」を体験してみましょう」とのお誘いに盲目的にのってみます。 pic.twitter.com/Kt7e4I0ivl ― takayuki URAYAMA (...
  • 考えるための道具箱urat2004さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ちくまプリマー新書について