マルセル・デュシャン

マルセル・デュシャンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [マルセル・デュシャン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

マルセル・デュシャンを含むブログ記事

cross-sectionさん
  • 折田克子さんに、、、
  • ださって、のめりこんだ。それがはじめだった。何とも言えない魅力を感じていた。つまり、その声や、煙草の持ち方や、すべてが、、、。そのときずうずうしくもお借りしたドラを伴奏にして踊ったのは前橋の臨光閣で、マルセル・デュシャンをお題にしたものだった。階段を下りる裸婦にはじまり機関銃で撃たれる花嫁で終わるという風景から独舞をおこした。それから少しして、舞台に出ないかと舞踊団から電話をいただいた。「アリスの長い午后」という作品...
  • CROSS SECTION*BLOGcross-sectionさんのプロフィール
tatsuoinagakiさん
  • 【10月3.10日】学会に向けてのリサーチ
  • ると技術の進歩に驚愕すると共に、恐怖を覚えました。4.「ベルトラン・ラヴィエ」 エスパス ルイ・ヴィトン東京表参道のルイヴィトンのドアマンを潜り抜け、向かった先は、巨大な唇とネオンの作品がありました。マルセル・デュシャンのレディ・メイドの精神、ポップアートの大衆文化的イメージを用いた手法が見られます。このようにアーティスト同士の関係性、意味合いを考慮して、作品を鑑賞するとより深くアートが楽しくなります。5.「マルセル...
  • 法政大学稲垣研究室tatsuoinagakiさんのプロフィール
明菜さん
  • ガラガラのデュシャン展を調査!便器を展示する革命児の度胸【後編】
  • デュシャン展 主観レビュー 後編。デュシャンって誰?との疑問に対して、「美術館に便器を展示しようとした人です!」マルセル・デュシャン 《泉》(1950年(レプリカ/オリジナル1917年))フィラデルフィア美術館と雑な説明をされがちだけど、それは説明するのが面倒なほど凄い人だからなんだよ!と、前編でお伝えしました。便器と呼ばれる《泉...
  • アートの定理〜アートとスイーツと少しの自分磨き〜明菜さんのプロフィール
ひつじ先生さん
  • マルセル・デュシャンと日本美術
  • は、若かりし頃、デュシャンの「大ガラス」の複製(東京大学駒場博物館/蔵)にも関わった方です。デュシャンを、日本人が好きなのは、日本美術の中にある軽妙な文人画的なところがあるからかもしれませんね……。「マルセル・デュシャンと日本美術」東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 平成館 特別展示室第1室・第2室 2018年10月2日(火) 〜 2018年12月9日(日)https://www.tnm.jp/...
  • ひつじCafe(子ども・ART・文化)ひつじ先生さんのプロフィール
本郷カヲルさん
  • カルチャー振り返り繪日記。映画、展示、あのレジェンド。
  • 最近観た、聴いた、遊んだ、勉強した、カルチャー振り返り繪日記をば。「マルセル・デュシャンと日本美術」@上野 東京国立博物館 平成館10月2日始まったばかりの展覧会。マルセル・デュシャン様と言えば大抵の方は便器、又はモナリザを思い浮かべるであろう。今回はそんな彼が革命を起こす以前の、初期の...
  • 本郷繪日記本郷カヲルさんのプロフィール
大相撲ファンドさん
  • 「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」 その後、谷中へ…
  • かったです。東京国立博物館に開館10分前ぐらいに着いたのですがもうすでに並んでいました。思っていたより並んでいなくて安心しました。今回も平成館の2階で行われていましたが運慶展の半分の規模でもう半分は『マルセル・デュシャンと日本美術』をやっていました。チケットは会場の入り口で見せるようになっていました。まず大報恩寺の歴史や北野経王堂の寺宝が展示されていました。お経や屏風などが主に展示してありました。私はあまり解説が得意...
  • 大相撲ファンドの日記大相撲ファンドさんのプロフィール
乃の工房さん
  • 上野さんぽ秋
  • 東京国立博物館・平成館で開催中の「マルセル・デュシャンと日本美術」を見に行ってきました。西洋美術と日本美術の対比、面白かったです。着眼点の違いや、表現方法の比較など、興味深い展示でした。2018.10.2-12.9マルセル・デュシャンと日本美術東京国立博...
  • 乃の工房乃の工房さんのプロフィール
自由なランナーさん
  • マルセル・デュシャンの世界
  • マルセル・デュシャンと日本美術」(東京国立博物館)をみてきました。久しぶりにマルセル・デュシャンの代表的な作品が展示されている企画展です。 既製品を作品とした<レディメイド>はもちろんあります。有名な「泉」や「自転車の車...
  • It's a beautiful noise自由なランナーさんのプロフィール
ICHIHARUさん
  • 作品を批判されて、納得がいかないとき。
  • weetShare on Tumblr関連記事2018-10-04「作家というものは、自分が一番にならないと」秋野不矩こんにちは。 毬紗です。 「芸術家」という名称が、活動を制限…2018-09-02マルセル・デュシャンの、新しさが格好いい。こんにちは。 毬紗です。 久しぶりに、『デュシャンは語る』を…2018-09-01アート鑑賞を学ぶには、まず哲学のロジックを学ぼう。こんにちは。 毬紗です。 芸術学を勉強するスタ...
  • Gallery ICHIHARU アートお喋り空間ICHIHARUさんのプロフィール
虹のコヨーテさん
  • マルセル・デュシャン時間のあとで
  • s chemins mènent à Rome.」と「Tirer les marrons du feu avec la patte du chat」と記されている。1917年以来、行方不明になっているマルセル・デュシャンの自然現象のための創造物、泉/ジャン・ド・ラ・フォンテーヌのオリジナルだ。ジョシュ・ウェイツキンがボビー・フィッシャーを破るための究極のチェックメイト用に探しているオリジナル。John Cage's...
  • Signifié/Signifiant虹のコヨーテさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

マルセル・デュシャンについて