尿道カテーテル

尿道カテーテルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [尿道カテーテル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

尿道カテーテルを含むブログ記事

心-shin-さん
  • 初めてのリハビリテーション
  • 5月15日(火) この日は、個室から大部屋へ移動になりしかも、やっと尿道カテーテルが取れてもぅ体に何も管がついて無い状態に。 旦那は「個室は静かすぎて嫌や」って言ってたので、大部屋で物音がしてた方が落ち着くらしく、喜んでました。 私は、冷房も好きに温度かえれるし電気をつけても消して...
  • 年の差カップルの同棲ブログ心-shin-さんのプロフィール
しましま2号さん
  • 最悪の結果……
  • 大体、10万〜15万円の手術費を、どっからか捻出しなければ!と2号はお仕事頑張っております……辛いのは小次郎ですから2号は頑張れますおかーちゃん 頑張れだわん今回の検査は・腹部エコー・腹部レントゲン・尿道カテーテルこれらに、再診の料金等が入り尚且つフロントラインを2本購入して会計:7600円ほどや……安い……以前通っていた動物病院では確実に1万は超えている内容だなぁ……とぎっくり腰で「痛い」を連呼している院長先...
  • 俺たち☆しましま探検隊!しましま2号さんのプロフィール
山田あしゅらさん
  • 『生』は保たれる
  • い無理な話だったと思い知る。 あの時はめられていたミトンも必要がなくなった。鼻のクダを外すのはその気力があるという証明らしい。 実際の話今、家に帰されても対処は難しい。 点滴、酸素吸入、褥瘡の管理、尿道カテーテルの管理など病院で引き受けてくれているからこそばあちゃんの『生』は保たれている。 超高齢者が入院するってそういうことでもあるわけだ。 今のところ病院からは何の沙汰もない。 施設利用も難しいばあちゃんを...
  • 13番さんのあな ―介護家庭の日常―山田あしゅらさんのプロフィール
野良猫減らし隊さん
  • ご支援とご来店有難う御座いました^^あとカフェの猫たちの近況画像です
  • ラシのような「おいちゃん」・・。春の花粉アレルギーでかなりブチハイエナっぽくなってますが/ 猫です(キリッ) \暑くなるので日除けの屋根も作りました。「アル」は現在自力排尿が出来ない状態で・・・。毎日尿道カテーテルを入れて尿をシリンジで吸い上げる処置してます。毎日150〜位尿が取れるんですが膀胱膜が伸びきって排尿障害起こしているところ・・。カフェというよりリハビリセンターになってきてるw自力で排尿が出来る日を期...
  • ねこにゃらーず@広報野良猫減らし隊さんのプロフィール
にゃわんさん
  • 市のセンターの猫たち
  • モデルルームの扉を開けると あの仲良しメンズが ルーン君と ミッツ君2匹とも人間大好きベッタベタです^^ ここから検査室の子たち人慣れトレーニング中のソル君 みなみ君も慣れるまでもう一息 はたけ君は尿道カテーテルがはずれオシッコも順調に出るようになりましたカラーは念のため にの君は後肢に怪我の痕と脱毛があります少しかばうような歩き肩をするので骨折をしている可能性もあります 用心深いぴっぴ母さん子猫たちは離乳が...
  • にゃわん奮闘記にゃわんさんのプロフィール
のぼるさん
  • 前立腺生検
  • 2017年6月初旬前立腺生検のために、人生初の入院。手術台や針生検、尿道カテーテルという言葉に少し緊張気味に。予定時間通りに呼ばれて手術室の前で、3名の担当者から名前を聞いて、いよいよという気持ちになりました。手術台に横たわり、「今から始めます」という言葉の後は、全身麻酔のためにす...
  • 前立腺癌治療の記録のぼるさんのプロフィール
t2.oraさん
  • 手術しました その3
  • バビリはキツイです。この日は食事なし。8日(火)朝食(おもゆ)。具は一切ありません。ほとんど動かないので食欲はありませんが、胃腸に何かを入れて動かした方が良いのは人もペットも同じ。残さず頂きます。昨日尿道カテーテルが外れたので、トイレに行くのも運動のひとつ。3m離れたそこまで行くのに5分以上かけてゆっくり歩きます。昼食、三分粥。右下は蓋です。午後、点滴スタンドに繋がりながら、ゆっくり廊下を歩いてみました。一歩一...
  • 片田舎動物病院 院長の日記t2.oraさんのプロフィール
えむさん
  • アブレーション体験
  • 仕上げぞりされるし、一物の向きもテープで固定されるのです。一応の準備が出来たらいよいよ手術のスタート。足の付け根の股のところ、カテーテルを入れるあたりに麻酔の注射これが非常に痛い。左右の股・右肩の所・尿道カテーテル・胃の中に温度計を鼻から入れ計5本の管が私の体の中に入っている状態になっていました。では「いきます」と先生の言葉口に当てた酸素マスクの中に麻酔が入り眠くなってきました。でも完全に眠らしてはくれません。...
  • 100倍役に立つ脊髄小脳変性症の親父のブログえむさんのプロフィール
心-shin-さん
  • 寝たきりから小さな一歩
  • 首の痛みがだいぶ落ち着いたみたい。 そして今日は術後、ずっと繋ぎっぱなしだったいくつかの点滴が取れました。 これでやっと少しだけ自分で身動きがとれるようになって、喜んでた。 体につけられる管の残りは尿道カテーテルのみ。 まだ絶対安静。立ち上がることはもちろん座ることさえ、起き上がるこさえ出来ないので当然トイレは行けず、おしっこは尿道に繋がれてる(ぶっ刺さってるw)管から吸い上げられてます。(自分の意思とは関係...
  • 年の差カップルの同棲ブログ心-shin-さんのプロフィール
t2.oraさん
  • 手術しました その2
  • テルが入り、導尿バッグが付けられています。このままICU(ここではHCU《high care unit》も兼ねています)の定位置に戻り、他の重症患者さんに並んでひと晩、監視を受けます。経鼻カテーテル、尿道カテーテル、血管留置針、椎間麻酔といろいろ繋がれ、さらに周囲には苦しそうな皆さん。なかなか寝付けない夜でした。7日(月)、本来ならGWも明け、営業開始日。獣医が一人しかいない弱小動物病院は当然休診です。AM9時...
  • 片田舎動物病院 院長の日記t2.oraさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

尿道カテーテルについて