溶血性連鎖球菌

溶血性連鎖球菌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [溶血性連鎖球菌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

溶血性連鎖球菌を含むブログ記事

pari88さん
  • 季節の変わり目に起こりやすい! 早期治療が必須の「扁桃炎」
  • 余儀なくされた。 日本医科大学病院耳鼻咽喉科大久保公博主任教授は、こう説明する。「一般的にいって扁桃炎は風邪などをきっかけに発症するケースが多い。ウイルス感染に伴い、扁桃の一つである口の奥の口蓋扁桃に溶血性連鎖球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して炎症を起こすのです。最初に扁桃炎を起こしたとき、抗生物質や鎮痛剤などを医者に処方してもらい、数日間服用すれば治り、再発は繰り返しません」しかし、このときに薬による十...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
LacLemanさん
  • 7回目の検診へ
  • っと続く寝不足はあるものの、ウキウキした気分でありました。あ、でも急増した体重は何か言われそう。ちょっと、悪いことをした学生の気分でもありました。内容は以下の通り。1、尿検査・血圧検査2、問診3、B群溶血性連鎖球菌の検査4、触診(子宮口、頚管)5、超音波検査6、体重測定7、処方箋受領8、血液検査9、CHUVの予約10、インフルエンザの予防接種の予約なんとなく感じていましたが、血圧、上がっていました。前回の113...
  • LacLeman's blogLacLemanさんのプロフィール
pari88さん
  • 季節の変わり目に起こりやすい! 早期治療が必須の「扁桃炎」
  • 余儀なくされた。 日本医科大学病院耳鼻咽喉科大久保公博主任教授は、こう説明する。「一般的にいって扁桃炎は風邪などをきっかけに発症するケースが多い。ウイルス感染に伴い、扁桃の一つである口の奥の口蓋扁桃に溶血性連鎖球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して炎症を起こすのです。最初に扁桃炎を起こしたとき、抗生物質や鎮痛剤などを医者に処方してもらい、数日間服用すれば治り、再発は繰り返しません」しかし、このときに薬による十...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
日本たんぽぽ農園さん
  • 肺炎、肺がんを予防する食品「たんぽぽ茶」
  • ロール、タラキソール、β−アミリン、その他、コリン、イヌリンなどが含まれています。葉や花にはルテインやビタミン類、アルニジオールが含有されています。 ・薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。 ・キク科...
  • 国産タンポポで作る”タンポポコ−ヒ−”蒲公英香緋)日本たんぽぽ農園さんのプロフィール
杏里さん
  • 風疹を知っておこう!
  • とに耳介後部、後頭部、頚部)が出現するが、発熱は風疹患者の約半数にみられる程度である。また不顕性感染が15(〜30)%程度存在する。3徴候のいずれかを欠くものについての臨床診断は困難であることに加え、溶血性連鎖球菌による発疹、伝染性紅斑、修飾麻疹、エンテロウイルス感染症、伝染性単核球症など似た症状を示す発熱発疹性疾患や薬疹との鑑別が必要になり、確定診断のためには検査室診断を要してくる。多くの場合、発疹は淡紅色で...
  • asidbのブログ杏里さんのプロフィール
ご自分の足で歩いていますか?さん
  • 風疹を知っておこう!
  • とに耳介後部、後頭部、頚部)が出現するが、発熱は風疹患者の約半数にみられる程度である。また不顕性感染が15(〜30)%程度存在する。3徴候のいずれかを欠くものについての臨床診断は困難であることに加え、溶血性連鎖球菌による発疹、伝染性紅斑、修飾麻疹、エンテロウイルス感染症、伝染性単核球症など似た症状を示す発熱発疹性疾患や薬疹との鑑別が必要になり、確定診断のためには検査室診断を要してくる。多くの場合、発疹は淡紅色で...
  • ご自分の足で歩いていますか?ご自分の足で歩いていますか?さんのプロフィール
杏さん
  • 知っておきたい風疹という疾病を!
  • とに耳介後部、後頭部、頚部)が出現するが、発熱は風疹患者の約半数にみられる程度である。また不顕性感染が15(〜30)%程度存在する。3徴候のいずれかを欠くものについての臨床診断は困難であることに加え、溶血性連鎖球菌による発疹、伝染性紅斑、修飾麻疹、エンテロウイルス感染症、伝染性単核球症など似た症状を示す発熱発疹性疾患や薬疹との鑑別が必要になり、確定診断のためには検査室診断を要してくる。多くの場合、発疹は淡紅色で...
  • アースの毛髪健康クリニック・ブログ杏さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

溶血性連鎖球菌について