腸内細菌叢

腸内細菌叢についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [腸内細菌叢] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

腸内細菌叢を含むブログ記事

ままちゃんさん
  • 息苦しさが続く
  • ・・。アラキドン酸カスケードを断つにはオメガ6を減らすこととオメガ3を増やすこと。食生活も糖質制限は限界がありそうだ。胃にも小腸にも不必要な食物繊維が足りなくなる。抗生物質でズタズタになった僕の大腸の腸内細菌叢。でも、ここにきて、ちょっと、不安になる。僕なりの断薬で本当に治るんだろうか?静々と悪化しているのではないだろうか?どうも、この息苦しさが気になる・・・。...
  • 気弱親父の喘息日記ままちゃんさんのプロフィール
Inedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さん
  • 当校の受講生様たちには・・
  • が続きますが、摂取、消化、吸収、代謝、排泄と一連の構造と働きをみていきます。食物を消化吸収する腸は、第3の自律神経と言われる腸神経と消化管ホルモン、口腔から食道、胃、小腸、大腸、消化腺、付属器、さらに腸内細菌叢と多数の免疫細胞、視床下部の摂食中枢のなどと当たり前ですが、学ぶことも膨大になります。が、とっても面白い分野になります。そして、アロマテラピーでセルフケアできる得意分野でもあります当校のナード アロマ...
  • 香りと色がもたらす癒しの生活 心と身体に安らぎをInedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さんのプロフィール
近藤吉美さん
  • メディカルハーブブラッシュアップセミナーレポ2 〜ポリフェノール研究最前線〜
  • そうです そんなポリフェノールはまだまだ研究が続けられていますが 生活習慣病予防としては高血圧糖尿病血流改善動脈硬化予防抗うつ病記憶力の改善や抗疲労などに効果が得られていて そのポリフェノールは 腸内細菌叢の構成を変化させる作用→腸管バリア機能を向上させ、肥満に伴う軽度の炎症を抑制したという研究結果が出ているそうです それ以外にも研究結果が報告されていますが 今後はポリフェノールの機能性を知る上で腸...
  • ナースよしみの『カラダのヒミツ♡キレイのヒケツ』近藤吉美さんのプロフィール
upartsさん
  • 獣医師が解説:心を安定させるアニマルセラピーの効果とは?
  • 他の条件が満たされていても不適です。 狂犬病や混合ワクチンなどの予防接種、フィラリア予防や外部・内部寄生虫の定期的な駆除をしていることは必須条件です。さらに、定期的な健康診断を行い、参加場所によっては腸内細菌叢などを含めた、詳細な検査をクリアした動物たちが参加可能です。動物から人にうつる病気もありますので健康面のチェックは厳しく行われます。 アニマルセラピーの効果 現在、アニマルセラピーは様々な場面で利用さ...
  • 養蜂専門のTCNupartsさんのプロフィール
愛妻家さん
  • 胃腸のトラブルを改善させる3つの方法
  • 。朝食をきちんととると、1日の胃腸リズムが保たれ、胃腸の運動能力は十分発揮されるのです。■「いろいろなものを食べる」腸内環境を改善腸内にはさまざまな細菌が棲んでいます。腸内細菌の集まりを腸内フローラ(腸内細菌叢(そう))と呼びます。腸内フローラの環境(腸内環境)は、悪玉菌が増加したり、細菌数が減ったり、細菌の種類が少ないと、悪化します。下痢や便秘だけでなく、肥満や免疫力低下まで起こします。注目したいのは、細...
  • 本当に健康になれるの?コウケントーの光線療法愛妻家さんのプロフィール
健康さん
じゅんさん
  • 腸内細菌の移植でうつ病の治療
  • 。 腸内細菌の検査でうつ病の治療効果を判定一般財団法人・腸内フローラ移植臨床研究会は、腸内細菌の移植の研究と開発および臨床研究により各種疾患を治療しようとして設立された組織で、臨床医が中心となって「腸内細菌叢移植(糞便微生物移植)」という新しい治療の確立に取り組んでいます。 私たちの腸の中には100種類以上、100兆個、重さにすれば1~1.5kgにもなる腸内細菌が住んでおり、腸内細菌叢といわれるのですが顕...
  • うつ病を薬に頼らず自分で克服じゅんさんのプロフィール
Inedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さん
  • 呼吸器系と消化器系に感動のコントロールアロマ
  • あります。・胃刺激作用・蠕動運動促進作用・消化促進作用・食欲遺増進作用・肝臓強壮作用・胆汁分泌促進作用・駆風作用などまだまだたくさんの有用な特性が期待できます。 そして、近年大変話題になっております、腸内細菌叢にも少しだけ触れていきます。偏った食習慣や過剰なストレス、加齢による腸内細菌叢の撹乱による生体恒常性維持の破綻、炎症性腸疾患・感染症・アレルギー・自己免疫疾患・ガン・肥満・生活習慣病などにも成り得るこ...
  • 香りと色がもたらす癒しの生活 心と身体に安らぎをInedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さんのプロフィール
自然の摂理研究会さん
  • 私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」
  • 由の原因のひとつは、抗生物質と超除菌の濫用社会での「腸内細菌の崩壊」なのかもしれないこと【私たち人間の遺伝子をコントロールしているものは】人体は「マイクロバイオーム」を内蔵する生態系、腸内フロー ラ、腸内細菌叢の世界世界的に有名な英国の総合科学雑誌ネイチャー誌が、このたび、人の腸内に住む微生物群、マイクロバイオームに関する話題を取り上げる特集を組んでいる。研究グループは、マイクロバイオームの大部分は腸内に棲...
  • 生命の原理・自然の摂理自然の摂理研究会さんのプロフィール
地元のお医者さんさん
  • こどもの頃(乳幼児早期)の抗生剤使用はアレルギー疾患を増やす
  • とアレルギー疾患、全く関係なさそうですが、多数の論文報告を総合的に判断すると、関係がありそうです。なぜ、幼少期の抗生剤使用がアレルギー疾患を増やすのか、これからの研究課題です。想像するに、抗生剤使用が腸内細菌叢形成に影響を与え、腸管免疫を介した免疫システムが修飾をうけることが理由ではないかと、私は考えています。とくに腸内細菌叢形成に重要な幼少期には、抗生剤の影響が強くでるのかもしれません。人類に多大な恩恵を...
  • ドクター中島の「地元のお医者さん」日記地元のお医者さんさんのプロフィール

腸内細菌叢を含むブログ村メンバー

  •  
えみちぃさん
かっきんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

腸内細菌叢について