確定拠出年金制度

確定拠出年金制度についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [確定拠出年金制度] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

確定拠出年金制度を含むブログ記事

起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログさん
  • 2019年も夢はあなたと共に。。。更なる勇躍前進へ
  • 議室のユナイテッドオフィス(登録商標)事業開始2012年 設備投資銀行借入金完済、有利子負債なし。2018年〜 コワーキングスペース『つなぐば』(登録商標) 新事業立上げ準備。2018年10月 企業型確定拠出年金制度401k(CD)導入2018年10月資本金増資4,000万円 (株主:谷治 肇 100%・資本準備金2,000万円含む2018年12月社員の福利厚生の一環として、大手福利厚生倶楽部に加盟2019年もよ...
  • 起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログ起業家精神、谷治 肇のオフィシャルブログさんのプロフィール
夫婦FPさん
  • 不確実性が高まる時代、顧問FPを持つことが重要に
  • も少しずつ開放されました。税制・社会保障制度も変わり、公的年金制度では、支給開始年齢・保険料の引き上げ、配偶者(特別)控除の見直し、給与所得控除の見直しなどがあり、生涯可処分所得が減少しました。また、確定拠出年金制度の導入によって、勤務先の退職金・企業年金制度の変更、定年延長など、働き方の見直しなど、家計面・生活面にも大きな影響を及ぼしています。また、忘れていけないのは、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、そ...
  • FP夫婦のふたり言夫婦FPさんのプロフィール
upuptenpoさん
  • iDeCoとつみたてNISAの違いを解説
  • ても、運用商品に投資信託を選んだ場合は、投資信託に関する手数料も発生します。積立上限額が違うつみたてNISAの積立上限額は年間40万です。一方、iDeCoは勤めている会社に企業年金制度があるか、企業型確定拠出年金制度があるか、自営業か会社員か、公務員か、あるいは専業主婦か、などによって積立できる上限額が異なります。つみたてNISAとiDeCoは併用可能以上がつみたてNISAとiDeCoの大きな違いです。節税効果に...
  • 30代サラリーマンの気になるブログupuptenpoさんのプロフィール
サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!さん
  • 確定拠出年金(企業型DC、iDeCo)について
  • 。【確定拠出年金で将来もらえる給付】確定拠出年金に加入すると、以下の3種類の給付金をもらえる権利が得られます。・老齢給付金原則として60歳から、年金または一時金として支給されます。ただし、60歳時点で確定拠出年金制度への通算加入期間が10年に満たない場合、受給開始年齢が段階的に引き上げられるので注意が必要です。・障害給付金高度障害時に、年金または一時金として支給される。・死亡一時金死亡時に一時金として支給される。...
  • サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!サラリーマン投資家 目指せ不労所得での生活!さんのプロフィール
Free-Style(フリースタイル)さん
  • 3級FP 過去問(2016年5月)
  • 手続により、当該労働者に障害補償給付が支給される。正解は、○。労災の障害補償給付は、労働者の業務上の負傷・疾病が治ったとき、労働者災害補償保険法の障害等級に該当する場合に、障害等級に応じて支給。問4 確定拠出年金制度の給付には、老齢給付金、障害給付金、死亡一時金があるが、所定の要件を満たした場合には、脱退一時金が支給される。正解は、○。確定拠出年金は、老齢給付金・障害給付金・死亡一時金のいずれかで給付。過去の拠出...
  • ブログFree-Style(フリースタイル)Free-Style(フリースタイル)さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

確定拠出年金制度について