九十九神

九十九神についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [九十九神] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

九十九神を含むブログ記事

三田主水さん
いちろうさん
  • 外国人には不思議な日本の宗教観:付喪神・もったいないお化け
  • い。 日本人は、もう使わなくなったおもちゃや生活用品にあんな儀式をする。 それは付喪神(つくもがみ)や妖怪になるのを防ぐため。 それが日本の伝統で生きる伝承だ。ということらしい。ここに出てきた付喪神(九十九神)というのは、辞書的にはこんな存在。「つくもがみ」という言葉、ならびに「付喪神」という漢字表記は、室町時代の御伽草子系の絵巻物『付喪神絵巻』に見られるものである。それによると、道具は100年という年月...
  • ゆかしき世界いちろうさんのプロフィール
三田主水さん
順@少彦名さん
  • お名前にある「数」に顕れるものの一例(架空のキャラでも当てはまってしまいます)
  • 重陽の節句」であるように九の数霊は陽の氣(エネルギー)の極みの状態の数霊でありまして 十 で 神 に至る、極まった先に行くすぐ手前の煎じ詰められた状態 九十九(つくも) といえば 付喪(つくも)神九十九神 とも書かれますが長い年月使われた物に神や霊魂が宿ったものを称しますね。 から傘お化けとか最近スキンケアしてイケ散らかしてるぬりかべもまた付喪神といえましょうか。 あいかわらずのビジュアルイケメンフ...
  • 浄め・癒し処 少彦名順@少彦名さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

九十九神について