別当寺

別当寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [別当寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

別当寺を含むブログ記事

偏平足さん
  • 石仏816大館・男神山(秋田)白山妙理大権現
  • じとった十一面観音を白山比咩神の本来の姿として、神仏が習合した白山権現が創りだされた。 こうして白山山麓の越前の九頭竜川、加賀の手取川、美濃の長良川の登山口の社には、白山権現を祀る神社とこれを管理する別当寺が建てられ、神仏習合が整うのは平安時代末期と考えられている。水の神、航海の神として布教活動が盛んになるのもこの時代からで、北陸・中部・東北地方に白山権現を祀る白山神社が建てられていった。白山神社が東北...
  • 偏平足偏平足さんのプロフィール
高野敦志さん
  • 出雲大社に三重塔?(3)
  •  出雲大社に向かった。そこは江戸時代まで杵築(きづき)大社と呼ばれていた。天台宗の鰐淵寺(がくえんじ)が別当寺となり、祭神も須佐之男命(すさのおのみこと)だった。江戸初期に早くも仏教色が除かれ、祭神も記紀に合わせて大国主命(おおくにぬしのみこと)に戻されていたが。 白い大鳥居を抜け、一畑電車の出雲大社駅を過ぎ...
  • 「青空文庫」の作家、高野敦志の世界高野敦志さんのプロフィール
御朱印curatorさん
  • 隆徳寺
  •   文亀2年(1502年)の創建で、隣接する浦渡神社の別当寺として浦渡寺と称し、神社とともに栄えました。天正の陣の兵火で焼失しまいたが、明治43年(1910年)に近くの正光寺と合併して隆徳寺と改めました。   お寺の入り口には大きな石造りの仁王門があります。仁...
  • 御朱印ミュージアム〜御朱印・御朱印帳の収集展示御朱印curatorさんのプロフィール
utrilloさん
  • それから
  • と「吉田白嶺」が住んでいて、そのちょっと北に「小林秀雄」と「」と「岡倉天心」が住んでいて、ちょっと先に「竹下夢二」と「室生犀星」も住んでいたそうですよ。 さらに西へ行くと「東覚寺」と「田端八幡神社」の別当寺院にあたる「和光山興源院大龍寺」と「上田端八幡神社」があります。「大龍寺」に「正岡子規」」が葬られたことから、別名「子規寺」と呼ばれているそうなぁ。 長き夜や 一千年の後を 考える夜や 正岡子規...
  • Quiet Life☆ (Ameba)utrilloさんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 土佐一宮神社
  • 土佐国の総鎮守である土佐一宮・土佐神社。30番札所善楽寺は土佐神社の別当寺(神社を管理するためにおかれた寺)として創建されました。山門は土佐神社の山門。同じ敷地に土佐神社と善楽寺があり、明治の神仏分離令で引き裂かれた名残を感じます。30番札所善楽寺側は巡礼者ちらほら。土佐一...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 30番札所・善楽寺(ぜんらくじ)その1
  • 30番札所・善楽寺(ぜんらくじ)・・・土佐一ノ宮の別当として栄えた札所(ふだしょ)住所・・・高知県高知市一宮しなね2丁目23-11 土佐神社の別当寺として、弘法大師により30番札所に定められましたが、明治時代の廃仏毀釈で廃寺になり、昭和4年に再興され現在に至っています。 30番札所・善楽寺が近づいてきました。山門がないので駐車場のところから入るの...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
takeoriさん
  • ネット炎上供養だと・・・!国上寺が炎上供養専用サイトオープン
  • たので調べてみました。越後最古の古刹 国上寺国上寺について元明天皇和銅2年(709)に越後一の宮弥彦大神の託宣(神様の言い伝え)により建立された、越後最古の古刹です。弥彦神社の本地として崇められ、代々別当寺として古記に分明されています。格式としては、孝謙天皇より御宇にて正一位を賜り、北海鎮護仏法最初の霊場として信心のより所とされてきました。 とても由緒正しいお寺さんですね。ということは・・・ 大真面目!...
  • 好きなことで生きていこう〜スポーツ・趣味・副収入〜takeoriさんのプロフィール
御朱印curatorさん
  • 今治別院
  •   前身は蔵敷八幡宮境内にあった須弥山妙観院正福寺で、慶長7年(1674年)今治城築城のために蔵敷八幡宮が遷座した際に別当寺として創建されました。その後明治の神仏分離で廃寺になりますが、明治16年(1883年)高野山総本山より宗祖弘法大師の御尊像を勧請し、高野山出張所として開創しました。  当時は今治市中浜町4丁目に所在...
  • 御朱印ミュージアム〜御朱印・御朱印帳の収集展示御朱印curatorさんのプロフィール
旅吉さん
  • 「太田神社」と那須与一、一願必中!願えば叶わぬことなし!!!
  • とも焼失してしまいました。しかし木造衣冠装束の御神体は覚應山「長勝寺」に安置されていたため、奇跡的に難を逃れ現在に至っています。戦後まもなく氏子会が結成され、昭和28年に拝殿が造営されました。その際、別当寺の「長勝寺」に一時的にお移ししていた御神体は、旧市野倉町内を巡幸した後、真新しい太田神社社殿に遷座されました。その後平成6年に本殿の造営が行われますが、万一の際の火災に備えて、完全耐火構造の鉄筋コンク...
  • 旅と勉強の記録旅吉さんのプロフィール
kazu1000さん
  • 【川面神社】(かわもじんじゃ)兵庫県宝塚市
  • 普請奉行に就いた片桐且元によって復興された。同時期に大梵天王宮と改称、1722年の寺社改帳では、川面村の産土神は大梵天王社とされている。江戸時代は境内に弁財天・住吉・八幡・牛王天王の4社の末社を持ち、別当寺の真言宗法楽寺が置かれる程の勢力を有した。1868年 - 廃仏毀釈により法楽寺を廃寺、祭神に天照大御神を加えて3神として皇大神社へ改称した。1915年 - 川面神社へ改称する。所在地: 兵庫県宝塚市宮...
  • kazuyoshi-sakamoto1000’s blogkazu1000さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

別当寺について