商家

商家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [商家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

商家を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20181208-10
  • 日本国正統図』をご紹介します。現代の私たちから見ればデフォルメ感 ... 松本・旭の「五蔵」に「花屋彦兵衛」 土間を活用、「和の花」専門に松本経済新聞建物群は、江戸時代には穀物、明治時代にはお茶を扱う商家だったという穂高家のもの。一時は壊して駐車場にすることを考えたが、現場を見た建築家から活用 ... 冷たい淀みにタナゴの魚影映えて。二十四節気「大雪(たいせつ)」tenki.jpこよみ便覧」では「雪、...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
敏ちゃんさん
  • 高速バス旅 デビュー! 〜サラ・ベルナールの世界展〜 (五)
  • どには絵画に魅力を感じていなかったのですから。大垣市の小さな美術館だったか、ある絵画を観てからのめり込んだのですから。有名ではありませんが、多分郷土(大垣市)出身の画家さんが描かれたのだと思いますが。商家の土間だったかな、それはそれは高い天井から差し込んでくる光の中で、少女だったかご婦人だったかが描かれた作品でした。どこがどうと説明はできないのですが、心打たれました。そして、二人の少女が描かれた作品で...
  • 敏洋 ’s 昭和の恋物語り敏ちゃんさんのプロフィール
ask0080さん
  • 【カフェ巡り】【七ヶ宿観光ガイド】宮城県村田町・「糀ダイニング藍」で豆乳甘酒いちご味を飲む
  • 字村田字町187【糀ダイニング藍】豆乳甘酒いちご味村田町の蔵の町並みをてくてく村田は酒、味噌の蔵元があり発酵の町でもあるおや、米糀(こうじ)使用の豆乳の店があるぞ「糀ダイニング藍」を訪問します蔵造りの商家を利用した店内は落ち着いていて良い豆乳甘酒はブルーベリー、ごま、緑茶などあってカラフルなはずもし全種類注文して並べればインスタ映えするかも豆乳甘酒いちご味(¥400)甘酒のイメージと違い、シェイクやス...
  • みちのく、行ったり来たりask0080さんのプロフィール
気軽に茶道をしてます。さん
  • 亥の子餅から袴腰餅へ
  • ら京都で定年後生活/菊月は「菊置上蛤香合」をブックマーク最初はgoo芳月会ルールを身に着ける場であるお稽古を一緒に学びましょう。gooブログトップスタッフブログギャラリー勇斎古都奈良の一角、奈良漆器の商家の跡地に現代アートの発信地を目指しています。gooブログ おすすめ最新記事一覧公式Facebook公式Twittergooブログ お知らせgooブログ、リニューアルします「スタッフにアピール」いただい...
  • 気軽に茶道をしてます。気軽に茶道をしてます。さんのプロフィール
ひぐらし仙人さん
  • ABS特選落語会を聴きに・・・、PART2
  • て緊張しているから面白くないといわれているのだろうなと改めて感じた次第・・・ で、最後は春風亭昇太、枕に笑点や亡くなった歌丸の話などを交え、出し物は「二番煎じ」火事を出さないように町内で自身番を置き、商家のだんな衆が交代で火の番として、夜回りをしたのだがその合い間に自身番で一杯やり始めたところへ役人が入ってきて、というもの・・・酒を煎じた薬と言ってごまかす町衆に気づかぬふりで、飲み、食べる、すっかりな...
  • ひぐらし仙人の気ままな日記Part?ひぐらし仙人さんのプロフィール
睦宅建さん
  • 庄内地方の伝統行事である「大黒様のお歳夜」
  • 事だそうです。毎年のことで 当たり前に思っていましたが 庄内の行事だったとあらためて思っています。大黒天大黒様とはハタハタの田楽、黒豆ご飯に納豆汁、黒豆なます、等の豆尽くしの食物を神棚に上げ商売繁盛(商家の家)、子孫繁栄、家内全員がマメで暮らせるようにと大黒様に拝む風習があります。まっか大根もお供えする大根として知られてますが、ねこの額ほどの我が家の畑には今年は残念ながら収穫無かったです。まっか大根(...
  • 酒田市の不動産会社「睦宅建」日記睦宅建さんのプロフィール
水谷 りょうこさん
  • 房総のむら、農家のエリアを散策
  • 2018年11月11日房総のむらの記事に続きですここは、江戸時代の色んな風景が楽しめるのが魅力です商家の街並みエリアを散策し、次に向かったのは「農家」のエリアです農家エリアに到着〜日が傾いて、西日が眩しい〜日没と閉園時間が迫っていますまだ見ていない所が、たくさんあるけど「農家」のエリアでタイムアップに...
  • りょうこちゃんの女装日記水谷 りょうこさんのプロフィール
りゅうぱぱさん
  • 寒くなったので牡蠣を求めて杵築市へ
  • ここはりゅう君と訪れたこともあるので過去の記事 をクリックして下さいね。そして杵築城の左の高台には古い町並みが見えています。杵築の武家屋敷は杵築城がある北台と画像の南台とに分かれていて、その間の低地に商家が並んでいるのでサンドイッチ型武家屋敷(城下町)なんて言われています。杵築市街地を通り過ぎて海岸沿いをしばらく進むと目的地の 『牡蠣の家』 へ到着です。ここはこの時季限定で守江湾で養殖された新鮮な牡蠣...
  • どこでも晴れたらワン歩りゅうぱぱさんのプロフィール
見もの・読みもの日記さん
  • 花の盛りは過ぎゆく/中華ドラマ『那年花開月正圓』
  • 代は清朝末期。陝西省涇陽(現在の咸陽市)に実在した呉氏のファミリー・ヒストリーを基にしている。孤児の周瑩は、養父の周老四とともに大道芸と詐欺で気ままに各地を渡り歩いていた。涇陽に至った周老四は、周瑩を商家の沈家に下働きとして売り、時期が来たら二人で逃げ出す計画を立てる。ところが沈家の次男・星移は周瑩を見初めてしまう。全くその気のない周瑩は、沈家を逃げ出し、呉家東院の若旦那・呉聘に助けられる。 呉家は沈...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
ペイザージュさん

商家を含むブログ村メンバー

  •  
えむこさん
あんなさん
yamanobueさん