商家

商家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [商家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

商家を含むブログ記事

のぶさんさん
  • 日本の風景(86)
  • プ追加最新記事絵画2018/7/15(日) 午後 6:23 碁盤目の街並みの近江八幡 JR近江八幡駅から八幡掘まで歩いて30分位あるでしょうか。進むにつれてどこでも見かけるありふれた街並みが、少しづつ商家や土蔵造りの家が並んだ古い街並みになって行きます。車が1台やっと通れるくらいの小路が規則正しく碁盤目に走っていました。そんな中に明治にできた西洋風の郵便局がありましたが、そこから少し行ったところに大正...
  • のぶさんの水彩ぎゃらりーのぶさんさんのプロフィール
大切なお写真を修復さん
  • 【画像修正・写真修正の専門店】祇園祭 屏風、美術品、調度品
  • す。秘蔵している屏風や美術品、調度品などを飾り、祇園祭りに見物に来た人々にも、通りから鑑賞してもらえるようにしています。 杉本家では、京文化の維持・承継を目的として保存協力金を納め、屏風鑑賞ができ、京商家の暮らしの美が楽しめます。魅力は、ガラスケースにおさめたり、レプリカ作品ではなく、本物を京町家の座敷に上がって見せていただけるの楽しみですね。 写真の修正・加工・高解像度スキャニングの事なら一般のお客...
  • 写真復元の専門店・職人ブログ大切なお写真を修復さんのプロフィール
ヒロヒロさん
  • 北海道旅行記「利尻島絶景ドライブ!」
  • 台(旅の小ネタ)海岸のゴツゴツした岩をよく見ると、変わった形の岩を発見!「北のいつくしま弁天宮」の赤い鳥居の近くにあるので探してみてくださいね! 「島の駅 海藻の里 利尻」130年あまり昔に建てられた商家を再生した島の情報拠点です。海藻を使ったクラフトの制作体験(1100円)もできます。住 所:利尻町沓形本町51電 話:0163-84-2514時 間:9時〜17時休 日:無休駐車場:沓形市街地駐車場利...
  • 旅のみかたヒロヒロさんのプロフィール
わらべさん
  • 「洋画家たちの東京」 近藤祐 その3
  • どそれは同時に、消費社会における洋画の商品化という予想外に重い課題を洋画界が背負うことになる。て肌寒く背負うのである。安井曾太郎が木綿問屋、梅原龍三郎は染織というように、京都の伝統に培われた繊維業界の商家に育ち、その安定した基盤をもとに洋画家として大成したのと比較するに、劉生や荘八の生家の繁栄は、まさに一世代限りの脆いものであった。意識は希薄であった。それ故か劉生はこの語も荘八や高村光太郎と生活者主催...
  • 大泉学園・もんじゃ屋のつぶやきわらべさんのプロフィール
sannkayouさん
  • 下諏訪宿を散策
  • 子文学館があり中に入って見学しました。万治の石仏の話や下諏訪宿今昔物語はとても興味深かったです。中山道の家並、一里塚付近下諏訪一里塚跡伏見屋邸。一八六四年(元治元年)の建築と推定される木造二階建ての旧商家。観光客の休憩や住民の交流の場として開設されてます。街道を進んでいくと、右側に長い階段が現れます。これは慈雲寺へ行く階段です。階段右奥の見学は次回の楽しみにします。階段右にある龍の口です。江戸時代の旅...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール
和子の記録 フォト&俳句さん
  • 山百合が咲き始めた房総風土記の丘
  • ので早くもなく遅くもなく例年通りに満開になるでしょう。此処にも最近イノシシが出るらしく注意書きの幟をあちこちで見かけました。今回は撮り初めなのでもう一度出かけたいとおもいます。ここ房総の村は江戸時代の商家や武家屋敷が立ち並ぶ町並みの復元をしている所です。そこには寄らず帰路はそこから25分ほど走った所にあって、1月2月の寒風の夕暮れに富士山が見えるという徳性院を訪ねてみました。高台から印旛沼が見下ろせる...
  • 和子の記録 フォト&俳句和子の記録 フォト&俳句さんのプロフィール
性能とデザイン いい家大研究さん
  • 【職住一体・町家内部空間のサスティナビリティ】
  • うと多数派のライフスタイルだったと思います。都市での暮らし方では、武家以外の庶民はこういう空間で過ごすケースが多かった。主人一家は当然、こういう空間での職住一体生活空間であり、使用人たちは、こういう「商家」が仕事ですごす主要な空間。かれらの日常の暮らしは「長屋」のような賃貸住宅が一般的だった。こういう「町家」では、間口が税金の単位になっていたとされ、間口が狭く奥行きが長い、という形式が合理的間取り選択...
  • 性能とデザイン いい家大研究性能とデザイン いい家大研究さんのプロフィール
Mr.Xさん
  • 中川五郎治
  • 川五郎治は、陸奥国川内村(旧盛岡藩、現青森県むつ市川内町)で1768年に生まれ、江戸後期の北方系牛痘種痘法の伝来者として知られている。小針屋佐助の子で、本名は佐七である。若い頃から蝦夷地に渡り、松前の商家に奉公する。後に択捉島の会所番人となったが、1807年(文化4年)、ロシア船の同島襲撃の際に捕らえられ、シベリアへ流された。その時五郎治は40歳であった。シベリア抑留生活は5年に及んだ。何度も逃げ出し...
  • 愛輪塾管理人日記Mr.Xさんのプロフィール
NAKANOさん
  • 六石坂(北区西ヶ原)
  • された。 一里塚というのは江戸の初め(1604年)に主要街道の1里毎に道の両側に塚を築き、榎を植えたもの。 街道のマイレージになるとともに、駕篭賃などの基準にもなり、休憩所にもなって、一里塚の周りには商家民家が集まるという経済的に大きな変革をもたらした。 これを意図した徳川家康はやはり大したものだと思う。大通りだけに勾配はあまり感じられないが、高低差は8mほどある。 飛鳥山側の歩道に東京都の御影石の標...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
いなかさん
  • 柳井 どない
  • 、金魚提灯が軒に吊るされ幻想的な雰囲気をかもし出す。 平成30年7月28日(土曜日)、8月4日(土曜日)、8月13日(月曜日)。国森家住宅(国指定重要文化財)「国森家住宅」は、18世紀後半に建てられた商家で、細部まで往時のままに保存されている。入母屋造り妻入りの土蔵二階建て屋根は本瓦葺きの江戸時代の典型的な商家建築として国の重要文化財指定を受けている。なごみ通りから「白壁ふれあい広場」に続く道。この通...
  • いなかさんのべログいなかさんのプロフィール

商家を含むブログ村メンバー

  •  
えむこさん
あんなさん
yamanobueさん
蜜柑之介さん