アーリア人

アーリア人についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アーリア人] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アーリア人を含むブログ記事

アメーバBBさん
  • 社会保障改革はファシズム化のきっかけとなる!?
  • と思っているからと言える。この状態は我闘争へも表記をされているヒトラーのテーゼと同根と言える。このような政権に構造改革を任すと言うことは日本国民をガス室に送ることと等しいのだ。ヒトラーのナチス時代にはアーリア人以外の人種とジプシーそして弱者は言うまでもなく民族を汚すものとされて排除の対象となっていた。現政権もかの安倍は冷酷にもセーフティーネットと老人介護保険の縮小を図り実施をされたのは記憶に新しい。言うなれ...
  • ザ・テイル・オブ・タイガー!!公式ブログ。アメーバBBさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • ティムール亡き後のティムール朝(15)〜三者同盟〜
  • の影響を受けていたと証明された、広大な牧草地フェルガナ。現キルギスの西部に連なるアライ山脈の北側に当たり、地形的には盆地で現ウズベキスタン共和国の東部に含まれる。フェルガナに、イラン系の人々(いわゆるアーリア人やサカ人)が移住したのがいつの時代かはよく分かっていないが、彼らが建国した国家が(漢字で書けば)大宛国。大宛国の存在が歴史上に初めて現れたのは、紀元前129年頃に前漢の外交官・張騫がこの地を訪れたこと...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
cap-hiroさん
  • 「霊魂論」神秘学186
  • 秘学186 さしもの印度の古代文明の担い手と云うよりは権勢維持に取り込まれ最高位にバラモンを名目上では権勢維持の必要上から最高位に置いたカースト制度にも釈尊が生きていた紀元前5世紀頃のインドの情勢は、アーリア人とドラヴィダ人の混血が進みバラモンの間においてもドラヴィダの宗教観念が入りこみます。即ち、ヨーガの浸透です。其のヨーガの修養法からシッダルタが釈尊に、仏教からは六師外道とされるも信奉者からは仏とされた...
  • Tough Boy-World of cap_hirocap-hiroさんのプロフィール
おかだ外郎さん
  • 扉の向こう
  • の楽団員の地位を守ろうと努力していました。ただしこれは彼が「親ユダヤ」だったからではないでしょう。上にも書きましたが彼が最重要視するのは「芸術」で「腕の良いユダヤ人」と「政治的には“正しい"が腕は悪いアーリア人」がいたら、当然前者を選択する、というだけだったのです。しかし官僚組織は巧妙に圧力をかけ続け、一人ずつユダヤ人楽団員は外国に去って行きます(有能だから、ドイツ以外なら職は見つかるのです)。フルトヴェン...
  • ただいま読書中おかだ外郎さんのプロフィール
cap-hiroさん
  • 「霊魂論」神秘学183
  • 略上の関連からも数多(あまた)其の侵略に際して組み入れて、元来が自然崇拝、日本の大和朝廷が征服国の信仰を巧みに組み入れたのと同様にです。そのうちの最古の段階をヒンドゥー教の原型「ベーダの宗教」と呼び、アーリア人の司祭でカースト制度の最高位であるバラモン(Brahman)が祭りを司る儀式と「ヴェーダ(神々への賛歌)」を中心とするのでバラモン教と称してしています。謂わば時代的な流れで区分されるもので宗祖が違うと...
  • Tough Boy-World of cap_hirocap-hiroさんのプロフィール
おやじさん
  • 誤解のないように正確に言うと&ファラオ
  • 代エジプト文明は、3000年程前位にアッシリア系の白人によってに乗っ取られたという事になる。同時に、古代エジプトのシリウス信仰やエジプト神秘学の叡智はこの時に白人によって盗まれた。この盗まれた延長上にアーリア人から生まれ出たミトラ教のシリウス信仰やミトラ占星学や聖婚式があると言えよう。これらはみんな原日本人が創建した古代エジプト文明の叡智から生まれたものだと私は思う。それを3000年程前位にアッシリア系の白...
  • 統一食口は真のフリーメーソンだ!!おやじさんのプロフィール
宮澤さん
  • プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない これが人間か』読書会のもよう(2018 8 3)
  • 人や社会的弱者から名前を剥奪し、その存在を究極の「労働力としての商品」の位置まで貶め、工場としての強制収容所で徹底加工し続けるシステムを考え出したことにある。そして、その結果、蓄積していく資本の上に、アーリア人の貴族制を確立してヨーロッパ一帯を支配しようとしたアウシュヴィッツの強制収容所の入り口には、『労働は自由をもたらす』というスローガンがかかっている労働は、支配層を自由にするという皮肉なのだろうか。名前...
  • 信州読書会宮澤さんのプロフィール
宮澤さん
  • プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない これが人間か』読書会(2018 8 3)
  • 社会的弱者から名前を剥奪し、その存在を究極の「労働力としての商品」の位置まで貶め、工場としての強制収容所で徹底加工し続けるシステムを考え出したことにある。  そして、その結果、蓄積していく資本の上に、アーリア人の貴族制を確立してヨーロッパ一帯を支配しようとした  アウシュヴィッツの強制収容所の入り口には、『労働は自由をもたらす』というスローガンがかかっている  労働は、支配層を自由にするという皮肉なのだろう...
  • 信州読書会宮澤さんのプロフィール
EarthChecKingさん
  • ヒトラー総統に科学技術を教えた高等生命体の母船(葉巻型UFO)とナチス製の円盤
  • タクトがあった失明の治癒と引き換えにドイツ軍を率いることとなり高等生命体の科学の一部を教えられロケットや円盤型戦闘機を設計製造していったヒトラー総統の誕生だ日本人が高等生命体の直系の子孫であるのに対しアーリア人の血を引くドイツ人は高等生命体と男性遺伝子を持つ下等(中等)生命体との間の人種であるドイツ人と日本人の特性が似ているのは言うなれば母親が同じだからだ黄色人種の血を入れる前は日本人は肌は白く金髪で目は緑...
  • ヒトラー英雄伝説 NAZI | HITLER | NSDAPEarthChecKingさんのプロフィール
cap-hiroさん
  • 「霊魂論」神秘学182
  • ティオン)」を中心とする神学は数千年かかって形成されて内容も多岐に亘ります。多くの矛盾を内包するが、其れを数多(あまた)の聖者を取り込み崇拝するところから、矛盾を回避しています。ヒンドゥー教の原型は、アーリア人の司祭(バラモン)の儀式と「ヴェーダ(神々への賛歌)」を中心とするバラモン教と呼ばれるものですが、紀元前1500年頃に北インドに進入したアーリア人の宗教が、先住民族の様々な宗教の要素を吸収しながら発展...
  • Tough Boy-World of cap_hirocap-hiroさんのプロフィール

アーリア人を含むブログ村メンバー

  •  
アーリア人さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

アーリア人について