石田波郷

石田波郷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石田波郷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石田波郷を含むブログ記事

和井浩洋子さん
  • 舟虫/今日の俳句 ≪第2919号≫
  • してぞろぞろと、乾いた海岸の岩礁や船腹などを這っている。人が近づくと、素早く四散し隠れてしまう。形はウラジ虫に似ている。体長三センチぐらい。節足動物等脚目の海浜に棲む虫である。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】   彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※  各地で大雨。  洪水や土砂崩れなどに  厳重に警...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 海鞘/今日の俳句 ≪第2918号≫  
  • 首の形の突起がある。ホヤ類には形の変わったものが多く、相模湾にいるガマグチボヤなどはその一つ。ユウレイボヤ・オオグチボヤ・ボウズボヤ・キノコボヤなど名称や形がそれぞれに面白い。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】   彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※  広布のリーダーは  緻密であれ!  時に大胆であれ!...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 鮑/今日の俳句 ≪第2917号≫
  • から熨斗をつくるのに用いた。オガイ・メガイ・クロ・エゾアワビなどがあるが、水貝にはオガイが、煮物・焼き物・蒸し物・揚げ物にはメガイが向いている。貝の中では味が最高とされている。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】   彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※  「いつも・たい(退)せず  信ずるなり」  清流のご...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
オーボー真悟さん
  • エッセイ-16-(2018-7-1)-<俳句と伝統俳句とポピュリズム>
  • して俳句そのもののオリジナルは日本文化にありもっともっと深く広いものです、皆さん日本の誇りを大切にしましょう。みんなご存知の小林一茶をはじめ、河東碧梧桐、荻原井泉水、種田山頭火、尾崎放哉、中塚一碧楼、石田波郷、吉岡禅寺洞、加藤楸邨、日野草城、嶋田青峰、東京三、山口誓子、鈴木六林男、金子兜太、芝不器男、高柳重信、秋元不二夫、井上井月ら非伝統派の俳人、また長谷川櫂、夏石番矢、今泉恂之介、木村聡雄、橋本直、五島...
  • オーボー真悟のブログオーボー真悟さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 南風/今日の俳句 ≪第2916号≫
  • 原気団によって起こる。南方の気温の湖上にできる気団がつくる風なので、南風は高温多湿で、時に蒸し暑く感じられるが、海上、海浜では爽やかで快い。はえ・まぜ・まじ・その他方言が多い。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】  彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※  険しい苦難に挑んでこそ  自身の可能性が開かれ  本当...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
小夜さん
  • 擬宝珠(ぎぼうし)
  • 鑑賞の対象で斑入りなどいろいろある。これは縞状に斑の入いる葉。擬宝珠の巻き葉の若いものは食用になるそうです。以前テレビ番組で、美味しい山菜だと紹介されていました。夏の季語その後のいよよ白さよ花擬宝珠 石田波郷にほんブログ村ジャンル:みんなの花図鑑Tweet«LED電球に交換しました。 |トップ |このブログの人気記事八重梔子(やえくちなし)姫沙羅(ひめしゃら)アガパンサス(むらさきくんしらん)...
  • 風手帳小夜さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 半夏生/今日の俳句 ≪第2915号≫
  • 半作しかとれぬとの伝えが、東日本にも西日本にもあり、また大阪近郊では、半夏蛸といって蛸を食べる風習がある。蛸のとうに大地に吸い付き、その足のように稲の広がるのを祝う縁起という。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*今週のことば*☆※  さあ、「青年の月」だ。  皆が青春の心で  希望...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 七月/今日の俳句 ≪第2914号≫
  • 強く、気温がのぼる。太平洋高気圧から吹いてくる南風の空気を、小笠原気団といい、高温の海上に発生するので、下層は高温多湿だが、上空では、割合に渇いており、これが上昇気流となって、【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   親子の時間を有意義に!  多忙な日々の中で...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 草いきれ/今日の俳句 ≪第2912号≫
  • ※ 草いきれ・草のいきれ・草炎 生い茂った夏草の醸し出す熱気と特有の匂いである。日陰のない野路や山路などを、夏の日盛りを歩くと、草いきれのために、気分が悪くなることがある。 【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   地区の勝利を支える  「副役職」の皆さまこそ ...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
八十路小町さん
  • 枇杷の葉でお茶を作りました。「枇杷」の俳句。
  • うぞ。枇杷の俳句。1俳人1号のチャンネル枇杷熟るる吾を生み母を生みし地に安立公彦一日平安、ふところに枇杷の種がある荻原井泉水人が来たよな枇杷の葉のおちるだけ種田山頭火患者らはみなのつぽなり枇杷をもぐ 石田波郷枇杷の雨やはらかしうぶ毛ぬらしふる太田鴻村もたらせる枇杷に似て友の明るき語宮津昭彦非情にも毛深き枇杷の若葉かな上島鬼貫子ら寝しかば妻へのみやげ枇杷を出す篠原梵枇杷の実やよきことはありあまるべし平井照敏...
  • 八十路小町の青春これから日記八十路小町さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石田波郷について