石田波郷

石田波郷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石田波郷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石田波郷を含むブログ記事

むくさん
  • 新藷(しんいも)
  • のしぐさよ薯植うる /宮坂静生 読めばみな「イモ」だが、幸いにもそれぞれに違う漢字が当てられているから認められるようになった季語の表記、と言えようか。    馬鈴薯(いも)を植う汝が生れし日の如く /石田波郷 短い十七音の詩である俳句的事情は、いろいろな苦肉の策を生む。    焼藷を二つに割つてひとりきり /西野文代                               焼芋を二つに折れば鼻熱し /...
  • 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜むくさんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 蘆の穂絮/今日の俳句 ≪第3013号≫
  •           鮫島春潮子 ※ 蘆の穂絮・蘆の絮 アシの花をつける小軸にある絹毛は、花体よりも長い。花穂が熟したとき、この絹毛によって、種子が風のまにまに飛び散るのである。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*今週のことば*☆※   広布に走る宝の友へ  温かな労いと励ましを! 「当...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
もんどさん
  • 秋朝顔
  • ついているから明日には別の花芽が咲くの」「そうですか。一日限りの命ですか。ちょっと切ないですね」朝顔は夏の花のイメージがありますが歳時記を紐解くと秋の季語になっています。朝顔の紺の彼方の月日かな   石田波郷朝がほや一輪深き淵の色    与謝蕪村夏よりもずっと色鮮やかに咲いている姿に思いを寄せていたんでしょうね。なによりも朝顔は咲く場所を選びません。ガードレール下のわずかな砂地やアスファルトのひび割れ、ゴ...
  • 食道がんジタバタ日記もんどさんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 蘆の花/今日の俳句 ≪第3012号≫
  • よりは短い。花をつける小軸には、絹のような花よりも長い毛がある。これがのちに種子の撒布をたすける。アシの花穂は、ススキのように美しいものではないが、ふさふさと豊かな感じがある。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   人と会って語る。  それが広宣流布だ!  開かれた心...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 猫じゃらし/今日の俳句 ≪第3011号≫
  • ログサなどがある。都会付近では《秋の狗尾草》がよく繁殖しており、このほうを猫じゃらしと呼んでいる。エノコログサの花穂の出るのは七・八月、アキノエノコログサは九・十月ごろである。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   台風に厳重警戒を!  大雨・高波・河川の氾濫...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 刈萱/今日の俳句 ≪第3010号≫
  • 五尺)ぐらい。葉は稲に比べてはるかに細長く、下部にはあらい毛がはえている。秋に葉腋に総状花序を出して開く褐色の葉も目だたない。オガルカヤは一名雀刈萱といい、花穂がかれんである。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   最も苦しんでいる  友のところへ!  これが仏法者だ...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 千振の花/今日の俳句 ≪第3007号≫
  • しても苦みがぬけないという意味で生じた名。開花期に全草を採り、陰干ししたものを、漢方では(当薬)と呼ぶ。同じ属にムラサキセンブリ・イヌセンブリがあるが、薬用としての効果は低い。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※   創価学会は「学ぶ会」だ。  御書を日々ひもとき ...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
Hiroさん
  • 幼子を残して逝く*10/02′18
  • 1歳の「幼子」と奥さんを残して、亡くなったそうだ。◆世間では幼児殺害や虐待が続いているが…。早過ぎる30年の人生…どんな思いで、この世を去ったのだろうか?【俳人の一句】〈いのちなり露草の瑠璃蓼の紅〉 石田波郷◆2つの季語〜モチーフ〜を詠む…こんな句もあるんですね?!◆「露草」も「蓼」も目立つことがなく、儚げな花。だからこそ、「いのち」が際立つのかもしれない?! ? Diary ?◇この夜初めて、私は自分の...
  • Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 臭木の花/今日の俳句 ≪第3005号≫
  • 気がある。八、九月ごろ、枝さきに集散花序を出し、白色でよいかおりのする花を多数開く。丸い果実は藍色に熟し、果実の下部に、星形で紅紫色の萼がある。果実を染料にし、若い葉を食べる。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡        ※☆*わが友に贈る*☆※  わが愛する地域に  後継の陣列を築こう!  「地涌...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石田波郷について