石田波郷

石田波郷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石田波郷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石田波郷を含むブログ記事

よもだ堂さん
  • 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
  • 予・愛媛 (74)歴史雑学 (116)三輪田米山 (21)正岡子規 (256)夏目漱石 (43)河東碧梧桐 (3)高浜虚子 (23)秋山好古 (27)秋山真之 (18)水野広徳 (4)安倍能成 (3)石田波郷 (4)中村草田男 (6)伊予鉄道・松山電気軌道 (20)愛媛県立とべ動物園 (11)文学碑・石碑… (26)文学 (54)民俗・生活 (58)国語 (10)思想史 (12)未分類 (13)検索フォー...
  • 伊予歴史文化探訪 よもだ堂日記よもだ堂さんのプロフィール
林誠司さん
  • 水原秋櫻子、菖蒲あや〜東京生まれの優しき俳人たち
  • imes;オリジナルSoftBank1SoftBank2SoftBank3SoftBank4docomo1docomo2au1au2au3au4トラックバック(0)トラックバックする<『くちなわ記』と石田波郷の療養俳句のこと連携サービス知恵袋|textream(掲示板)|ロコ|求人.Yahoo!ブログアクセス解析はマイページからブログを書いてTポイントを山分け!アフィリエイトブログを始めよう!プライバシー...
  • 林誠司俳句オデッセイ林誠司さんのプロフィール
ちわきの俳句の部屋さん
  • 十三夜
  • 四日なんですよ。秋も終りに近いので、中秋の名月と違って華やかさはないのですが、むしろそれが日本人の?わび・さび?の美意識に通じて、月見の宴など開かれて観賞されます。麻薬うてば十三夜月遁走(とんそう)す石田波郷 作者・石田波郷については、今更説明する必要もないかとは思うのですが、簡単に。 大正2年(1913)〜昭和44年(1969)、愛媛県出身、本名は哲大(てつお)。旧制松山中学4年生の時俳句を始める。19...
  • ちわきの俳句の部屋ちわきの俳句の部屋さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 露寒/今日の俳句 ≪第2672号≫
  • 一つの《寒寒》という。季題の露寒とはかかわりがないのだが、秋も末になった十一月に入って、気温が下がると、露の生じることは少ないから、実際に露寒を感じる季節は《寒露》の頃である。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*わが友に贈る*☆※親子の絆を結ぶものは 情愛であり思いやりだ。 人格を尊重しながら 子どもが...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
三世の四季さん
  • 露寒/今日の俳句 ≪第2672号≫
  • 一つの《寒寒》という。季題の露寒とはかかわりがないのだが、秋も末になった十一月に入って、気温が下がると、露の生じることは少ないから、実際に露寒を感じる季節は《寒露》の頃である。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*わが友に贈る*☆※親子の絆を結ぶものは情愛であり思いやりだ。人格を尊重しながら子どもがほっと...
  • 三世の四季三世の四季さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 身に入む/今日の俳句 ≪第2671号≫
  • しも秋の冷たさを感覚する言葉ではなく、他人の意見など身にしみて聞く、といった意味に多く用いられたが、のちに短歌・俳句では秋も闌けてからの冷たさの身にしむことをいうようになった。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡       ※☆*わが友に贈る*☆※  「法華経の信心を・  とをし給へ」御聖訓。  “頑張り抜...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
三世の四季さん
  • 身に入む/今日の俳句 ≪第2671号≫
  • しも秋の冷たさを感覚する言葉ではなく、他人の意見など身にしみて聞く、といった意味に多く用いられたが、のちに短歌・俳句では秋も闌けてからの冷たさの身にしむことをいうようになった。【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*わが友に贈る*☆※「法華経の信心を・とをし給へ」御聖訓。“頑張り抜く”ことが人生勝利の根本だ...
  • 三世の四季三世の四季さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 蜜柑/今日の俳句 ≪第2670号≫
  • ふくみピタミンCの含有量も多い。果肉もまた栄養に富んでいる。一般に冬暖かい地方が適し、鹿児島のように暖かすぎても、よいものは育たない。温州蜜柑に近縁の種に八代蜜柑・九年母がある。新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*今週のことば*☆※我らは誇り高き 広宣流布の闘士だ。 「大願とは法華弘通なり」 創立の精神た...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
三世の四季さん
  • 蜜柑/今日の俳句 ≪第2670号≫
  • ふくみピタミンCの含有量も多い。果肉もまた栄養に富んでいる。一般に冬暖かい地方が適し、鹿児島のように暖かすぎても、よいものは育たない。温州蜜柑に近縁の種に八代蜜柑・九年母がある。新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*今週のことば*☆※我らは誇り高き広宣流布の闘士だ。「大願とは法華弘通なり」創立の精神たぎらせ...
  • 三世の四季三世の四季さんのプロフィール
三世の四季さん
  • 栗/今日の俳句 ≪第2669号≫
  • 波地方から出る大きな栗が丹波栗で、昔から有名。栗は八月中ばごろから出はじめ、九月末から十月が出さかりで、十一月のはじめには終わり、正月用のカチクリは晩生種をたくわえたものである。新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡※☆*わが友に贈る*☆※「一日もい(活)きてをはせば功徳つもるべし」御聖訓。断じて病魔に負けるな!...
  • 三世の四季三世の四季さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石田波郷について