ウォール街のランダム・ウォーカー

ウォール街のランダム・ウォーカーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ウォール街のランダム・ウォーカー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ウォール街のランダム・ウォーカーを含むブログ記事

slashさん
  • 【初心者用】投資の方針 これから投資を始める人へ
  • に運用できるようにやっています。参考になりそうな書籍私は「老後の資金を準備するため」に株式と投資信託を運用しています。もし、長期に渡って運用するつもりであれば以下の書籍が参考になると思います。紙書籍版ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版 株式投資の不滅の真理 [ バートン・G.マルキール ]楽天で購入電子書籍版ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉ーー株式投資の不滅の真理【電子書籍】[ バートン・マルキール ]...
  • すらっしゅライフslashさんのプロフィール
アルゴンホセさん
  • 投資本の紹介
  • 在私はインデクス投資家です。 以前はワラントとかFXとか個別株をやってましたが、 儲かるより損をする方が多かったのでやめました。 投資本もいろいろ読みましたが、 やはりこの本の影響が大きかったです。 ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理2,700円Amazon 一発あてるよりは、こつこと積み重ねることが大事。 読んだことがない人は、一度は読んだ方がいいです。 私は友達に貸してもどってきませんで...
  • スマリスアルゴンホセさんのプロフィール
チョコさん
  • アクティブ投資ファンドの9割以上が指数に敗北。頻繁な売り買いは絶対するな!
  • 頻繁に売り買いするほど負けるのが株式投資 投資家のバイブルと呼ばれている「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」によれば、どんなにテクニカルに長けていようと、金融リテラシーに富んでいようと、ましてやウォール街の天才であろうと、株価を予測することは不可能だと指摘しています。ウォール街のラン...
  • チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株)チョコさんのプロフィール
東京総合研究所スタッフさん
  • 正しく儲けたい方へ:「インデックス投資」とは?
  • く勧める投資方法です。例えば、投資の神様といわれるウォーレン・バフェットも「低コストのインデックスファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」と述べています。そして投資界ではかの有名な本、『ウォール街のランダム・ウォーカー』でも、結局はインデックス投資が一番!という内容が書かれています。(この本について詳しくはこちら↓↓)ameblo.jp是非、堅実に資金運用をして堅実に儲けたいという方は、「インデックス投資」を検討し...
  • 暴落は忘れた頃にやってくる東京総合研究所スタッフさんのプロフィール
Dr_kentaさん
  • 貯蓄か投資とかのお勉強した本、サイトなどまとめてみました
  • デックス投資は勝者のゲーム 株式市場から利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ) [ ジョン・C・ボーグル ]王道的な感じ。Amazonのプライムリーディングでタダ読みできてラッキーでした。ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理 [単行本]バートン・マルキール日本経済新聞出版社2016-03-10ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版 株式投資の不滅の真理 [ バートン・G.マル...
  • 病院家庭医を目指して 〜野望達成への道〜Dr_kentaさんのプロフィール
アルゴンホセさん
slashさん
  • 【ゲーム制作】オープニングを作り始める
  • ぶらぶらとあてもなく歩き回る。何とも言えない気持ちよさを感じました。#散歩— slash (@deastorm78) 2018年11月24日仕事終わりに、調子に乗って寄り道して買ってきた。ウォール街のランダム・ウォーカー500ページ超えとなかなかのボリューム。読み終えるのに時間かかりそうです。 pic.twitter.com/2Nit3d7tyo— slash (@deastorm78) 2018年11月...
  • ツクラーりずむslashさんのプロフィール
草った頭さん
  • ライザップ赤字決算に学ぶ
  • ったとしても、他の企業を買収することにより「業績は上がり続けているように見せることができる」のだそうです。 これを行う場合、買収先企業は業績不振であることが前提条件となるようです。 偶然にも今まさに「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んでいる最中ですが、過去に米国で同じ手法がブームになったということが書かれていました。 同書によれば、1960年代に「シナジー」と「コングロマリット」は流行したのだそうです。 シナジーとは「相乗...
  • 俺の頭の中ではな草った頭さんのプロフィール
NightWalkerさん
  • 2018 読書の秋の特別企画 初心者向けオススメ投資本を一挙ご紹介
  • う気持ちになれる実践ベースの本が、こちらの3冊。不肖私の本もこちらのカテゴリーの末席を汚させていただきます。 その5 歴史的名著を読みたいこのカテゴリーは、みなさまよくご存じのこの2冊です。「ウォール街のランダム・ウォーカー」は、前半のバブルの歴史の話といろんな投資法を滅多切りにするあたりは、何かの機会に一読されると良いと思います。敗者のゲームは、インデックス投資の優位性をあっけらかんと語る歴史的な一冊です。 おまけ...
  • NightWalker's Investment BlogNightWalkerさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ウォール街のランダム・ウォーカーについて