診療情報提供書

診療情報提供書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [診療情報提供書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

診療情報提供書を含むブログ記事

なおさん
  • ストレスにはスイーツもいいけど。。
  • たか?「昨日、おかあさまは整形外科の受診だったのはご存知だと思うのですが…」( ;∀;)何?「ちょっとした行き違いから窓口でトラブルになりまして…」話をを聞いたところ、デイサービス利用にあたり主治医の診療情報提供書が必要なんで、病院に依頼してあり、それが出来ているから総合窓口で受け取るよう言われた→窓口の事務が、たぶん若い子か、不慣れな新人なのか、言葉を知らず「未納金が250円あります」と言ったらしい。出来上が...
  • なおの湯(入浴介助も得意だよ)なおさんのプロフィール
askelさん
  • 種子骨炎 なぜインソール片方だけ?
  • が...記事を読むインソールの為の特別な靴は不要ですインソールの特別な靴は必要有りません。インソールは薄くしかも廻りから包むような作り方をしていないのでこれまでお使いの靴にも殆ど対応できます記事を読む診療情報提供書が届く余り無いことだが、医療機関ではない当方に、「診療情報提供書」が持参された 通常は、他の整形外科に持ち込んでセカンドオピニオンを聞くため...記事を読む膝・腰痛の人は他人が良いと言っても信じない膝...
  • オーダーメードインソールの専門店askelさんのプロフィール
おしょぶ〜さん
  • 大病院への「紹介状なし患者」の追加負担、対象病院拡大!
  • の追加負担、対象病院拡大!」で、お送りします。 ◆病院の紹介状 ◆大病院神話 ◆5,000円以上の追加負担 ◆一定の効果が上がっている??◆病院の紹介状この紹介状は、正式には「診療情報提供書」と言います。病気やケガで受診した医療機関の医師が、より専門的な病院に行った方が良いと判断したり、患者が希望した場合書かれます。?情報としては、患者の症状・これまでの治療内容・検査結果などです。情報を...
  • 介護の道も一歩からおしょぶ〜さんのプロフィール
なつこさん
  • こんな時どうしますか?
  • 紙とかを預かってきましたか?」家族:「いえ、薬が無くなったから来ただけなのですが。」スタッフ:「通常、特養の場合は、施設の医師が薬を処方するはずなんですがね。もしそちらで出せない場合は、何らかの手紙(診療情報提供書)を持って来院してもらわなくては困るのですが。」家族:「え?そうなんですか?」よくわからない様子スタッフ:「施設に確認を取ってみますね。」施設に確認を取ったところ、やはり勝手に家族が来られた様子。施設...
  • 医療事務えとせとらなつこさんのプロフィール
toneketさん
POTEさん
  • 乳ガン寛解に至るまで・12・完
  • ション兼処置室も以前は入り口から一目で見渡せたのに、今は随分入り組んだ間取りになっていて、かなりまごついたが、パーテーションで区切られた女性専用待合に案内され、持参したレントゲンや四谷の検査CD-R、診療情報提供書一式を提出し、待つこと小一時間。名前を呼ばれ診察室に入ると、12年ぶりの、梅の花大学病院でワタシのサブドクターだったDr.Kと対面。(現在は昭和大病院の乳腺部長をしておられるとかで)(せんせー、ご立派...
  • WINDING ROADPOTEさんのプロフィール
connpaytoさん
  • SBIいきいき少額短期保険って?どんな保障(補償)?こんな時!請求できたかな?どのように手続きするの?
  • ピニオン? (ベストドクターズサービス※) 主治医の診断結果や今後の治療方針等についてセカンドオピニオンを提供できる優秀な専門医の紹介が受けられます。 ※セカンドオピニオンを受ける際に必要な各種書類(診療情報提供書など)の費用は、別途かかります。人間ドック優待 きめ細かい検査で定評のある「聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター」「東京国際クリニック」の2施設で、人間ドックが、利用できます。 こころのサポ...
  • payee(ペイイー)の保険証券デジタルBOXconnpaytoさんのプロフィール
ドクkeiさんさん
  • 医師は病気のことだけを考えて治療にあたってはいけないは正しい考えか?その1
  • ることは確実な病気があって治療するのだからその病気に対して最適な治療をするということ)大学病院や関連病院ではその性質上重篤な疾患の患者さんを対象とすることが多いです。ほとんど全員が医師が書いた紹介状(診療情報提供書)を持っていらっしゃいます。そして必要なら自分の専門外の診療科の医師たちと協力して治療にあたります。そして、考えることはその患者さんの病気の治療はどういったことが最も効果的であるか、これからのフォロー...
  • 千葉県北部の平凡な内科医から野田市近郊の患者さんへドクkeiさんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

診療情報提供書について