フェイクニュース

フェイクニュースについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フェイクニュース] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フェイクニュースを含むブログ記事

hagiさん
  • 勇敢な政治家!
  • 前首相が導入したもので、食品や公共サービスは免税と日本よりもはるかに庶民に配慮した内容でしたが、それでも国民の不満が爆発、政権交代となりました。さらにマハティール首相は今後、報道や表現の自由を抑える「フェイクニュース対策法」や反政府勢力を抑え込むための「国家安全保障会議法」なども次々廃止する方針です。勇敢な政治家です。...
  • 記録屋2hagiさんのプロフィール
会社依存から脱したい電気技術者さん
News U.S.さん
  • 【韓国崩壊】文在寅、特別検察官の捜査対象になる恐れwww 逮捕で韓国滅亡クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!
  • 日本同様、ネットニュースに対する感想コメントは、「いいね!」が多い順に上から掲載される仕組みだった。「見出しだけを見て記事を読まず、コメント欄に移動する利用者も少なくない」(ハンギョレ紙)。手の込んだフェイクニュースを流布しなくても、都合の良いコメントの「いいね!」数を改竄(かいざん)するだけで世論を誘導できるというわけだ。“身内”批判に及んだ目的はどこにあったのか。ドゥルキングは当初、犯行動機について「保守が『...
  • 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュースNews U.S.さんのプロフィール
ピースさん
  • 朝日新聞、韓国から無期限出入り禁止を言い渡される 朝鮮のために頑張った末がこれ
  • い」とし、無期限の出入り禁止処分を通告した。産経新聞から引用主人に怒られちゃってんじゃん。韓国政府が4月末に北朝鮮の核兵器や核物質を国外に搬出させる案を米国に提案していたと朝日新聞が報じていたのですがフェイクニュースを流したとして韓国大統領府は無期限出入り禁止処分にしたそうです。朝鮮のために死に物狂いで働いてきたのに無期限出入り禁止食らうとか笑っちゃうわ。韓国駐在の外国報道機関に対する無期限の出入り禁止は初めてだ...
  • ピースのAMEBLO CANTABILEピースさんのプロフィール
じゃぱそくさん
あるぺんふらうさん
  • マレーシアのマハティール首相、公約通り消費税廃止へ 支配層にとって都合のよい法律も次々廃止
  • 前首相が導入したもので、食品や公共サービスは免税と日本よりもはるかに庶民に配慮した内容でしたが、それでも国民の不満が爆発、政権交代となりました。さらにマハティール首相は今後、報道や表現の自由を抑える「フェイクニュース対策法」や反政府勢力を抑え込むための「国家安全保障会議法」なども次々廃止する方針です。勇敢な政治家です。 マハティールさんの人気は今に始まったことではなく、1997年に起きた東アジア通貨危機で、IMF...
  • Alpenfrau通信あるぺんふらうさんのプロフィール
野見山ともたかさん
  • 「自分探し」ではなく「自分創り」へ
  • きです。「楽習」をモットーに自他ともに認める「いい声」と「わかりやすい話」で講師を務めています。この投稿者の最近の記事雑記2018.05.19「自分探し」ではなく「自分創り」へ雑記2018.05.18フェイクニュースに騙されないために読んだ本2018.05.17あえて”嫌なほう”を選ぶ勇気を持とう!:『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則』を読んで雑記2018.05.17人生100年時...
  • 福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか野見山ともたかさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】『思考法 教養講座「歴史とは何か」』の「新書版まえがき」
  • 思想状況の貧しさ、頑丈にできている戦闘機、東方正教会に関する概説書」「【佐藤優】資本主義の根底にある「勤勉さ」という美徳の淵源 〜『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』〜」「【佐藤優】手ごわいフェイクニュース、国を動かす政治エリートの意志、欧州内部における紛争」「【佐藤優】×奥野長衛『JAに何ができるのか』」「【佐藤優】『戦争論』をビジネスに活かす、現実社会の悪と闘う、ロシア人の意識と使命感」...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
12rosesさん
  • 日本はどうなの?
  • 日本同様、ネットニュースに対する感想コメントは、「いいね!」が多い順に上から掲載される仕組みだった。「見出しだけを見て記事を読まず、コメント欄に移動する利用者も少なくない」(ハンギョレ紙)。手の込んだフェイクニュースを流布しなくても、都合の良いコメントの「いいね!」数を改竄(かいざん)するだけで世論を誘導できるというわけだ。  “身内”批判に及んだ目的はどこにあったのか。ドゥルキングは当初、犯行動機について「保守...
  • Simple Pleasures12rosesさんのプロフィール
野見山ともたかさん
  • フェイクニュースに騙されないために
  • 講師」「コミュニケーション」「ソーシャルメディア・SNS」「読書」を中心に書いていきます。「声もいい男」研修講師のプロフィール「声もいい男」研修講師の活動実績ご依頼について・お問い合わせホーム>雑記>フェイクニュースに騙されないために2018/05/18自分が見たい情報だけでは判断を誤ることがあるこんにちは! 福岡の「声もいい男」研修講師、野見山ともたかです。3人に2人はSNSからフェイクニュースを入手している、...
  • 福岡の「声もいい男」研修講師 野見山ともたか野見山ともたかさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

フェイクニュースについて