フレデリック・フォーサイス

フレデリック・フォーサイスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フレデリック・フォーサイス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フレデリック・フォーサイスを含むブログ記事

Bach Bachさん
  • 映画『ジャッカルの日』
  • し屋とかスパイものの映画は、ありえないスーパーマン系とか、一般人には荒唐無稽すぎるハイテク装備なヤツとかはあんまり好きじゃないんですが、リアル系はメッチャクチャ面白い!この映画の凄いところは、原作者のフレデリック・フォーサイスが、イギリス空軍とロイター通信の特派員の実務経験があった人だったというところ。空想の創作じゃなくって、細部がリアルです。実際に存在するテロリストもこの原作を読んでいたというのは有名な話で(持ち物から原...
  • 心に残った音楽Bach Bachさんのプロフィール
かもめ組さん
  • 『マンハッタンの怪人』
  • フレデリック・フォーサイス 『マンハッタンの怪人』(角川文庫)、読了。「読みたい本リスト」にあって、Bookoffオンラインで検索したらヒットしたので買ったのですが、届いてから表紙絵を見て、「『オペラ座の怪人』の続編か!」と、...
  • 観・読・聴・験 備忘録かもめ組さんのプロフィール
シネマニア2016さん
  • ジャッカルの日
  • ク、エリック・ポーター、アンドレア・フェレオル  『ジャッカルの日』(1973年、英・仏合作)は、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領暗殺計画を巡るテロリスト・グループとフランス治安当局の攻防を描いたフレデリック・フォーサイスの世界的ベストセラー小説の映画化である。 原作小説自体、手に汗を握るようなスリルとサスペンスに溢れた傑作だが、映画も原作の骨法をよく取り入れつつドキュメンタリー的手法も駆使して上質のサスペンス作品にな...
  • シネマニアの日記シネマニア2016さんのプロフィール
若松若水さん
  • 今も元気な角川春樹
  • 声優が朗読する音声を収録したソノシート付きの『カラー版世界の詩集』を企画し刊行[1]。 1970年から映画『ある愛の詩』『いちご白書』の原作本を始めとして、洋画の原作やノベライゼーションを次々と刊行。フレデリック・フォーサイスを日本に紹介した。社長である父・源義の存命中は、信賞必罰を貫く父の方針のもと、社内での立場もかなり浮き沈みがあったというが、父の反対を押し切って出版に踏み切った『ある愛の詩』の成功が後継者の地位の確立...
  • 若松若水の今風徒然草「紙風船」若松若水さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

フレデリック・フォーサイスについて