苦悶

苦悶についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [苦悶] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

苦悶を含むブログ記事

45Runnerさん
  • 1/17:1kmレペティション+5kmペース走
  • 脚捌きが雑だったというのが反省です。3本目は2本目の反省+αに集中し続け、500m位からは心肺が限界!それでも何故かハイになってきた!と、外苑で交番もあるのに満面の笑みを浮かべて(というのは錯覚で多分苦悶の表情)、かなり出し切って久しぶりにわたしにとってはなかなかの1kmタイムでした。こんだけキツイ走り方はこの世には存在しないはず、だから追加5kmのペース走なんて、3’40”/kmで楽勝で走れるだろ!...
  • 45歳でサブ45。45Runnerさんのプロフィール
愛知李登輝友の会さん
  • 【祝】?日台の企業が廃棄太陽光パネルを繊維にリサイクルする協力態勢を確立
  • 湾少年工の手記』・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』・王明理著『詩集・故郷のひまわり』・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少・宗像隆幸・趙天徳編訳『...
  • 日本李登輝友の会 愛知県支部愛知李登輝友の会さんのプロフィール
愛知李登輝友の会さん
  • 【祝】?九州大学と台湾科技大学が院生のダブル・ディグリーを含む「大学間協定」を締結
  • 湾少年工の手記』・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』・王明理著『詩集・故郷のひまわり』・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少・宗像隆幸・趙天徳編訳『...
  • 日本李登輝友の会 愛知県支部愛知李登輝友の会さんのプロフィール
ykkyyさん
  • 青春の詩碑
  • 志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚の皺を増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く驚異への愛慕心、空に...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
アニメイーターさん
  • 盾の勇者の成り上がり 2話 奴隷の少女
  • 様だった。しかし尚文はその亜人を買うと言い出し、亜人も絶望の表情を浮かべる。OP曲はUVERWORLDのパチモンっぽい感じだが、映像が伴っていい感じ。売買契約はなされたようで、胸の奴隷紋に何かされると苦悶の表情を浮かべる少女。ラフタリア(CV瀬戸麻沙美さん)という名前の少女を銀貨31枚で買った尚文は、例の武器屋に行って彼女の装備を整えることにするが武器屋の主人は尚文のラフタリアに対する態度に嘆息する。...
  • アニメレビュー -ミックスジュース-アニメイーターさんのプロフィール
男マンさん
  • 1・4 新日本メインイベント感想&雑感。ケニー・オメガにとっての東京ドーム。
  • すがこれもケニーがかわしてカミカゼ!しかしそこからのムーンサルトは足攻めの効果かコーナーに登れず、そこに棚橋がコーナーに登ろうとしているケニーの足を後ろから掴んでドラゴンスクリュー!変な感じに回転し、苦悶するケニー。ここで一気に形勢逆転。以前からの傾向ですが、最近の棚橋はこの変形というか、違う回転のドラゴンスクリューをいざという時に使う傾向があります。G1の鈴木みのる戦でも、逆回転のドラゴンスクリュー...
  • 男マンの日記男マンさんのプロフィール
P子さん
  • やる気が無いなりに片付けてみる(1)詰め替える際はボトルを洗った方が良い
  • は1ではなくて0.00005くらいかもしれない。 そもそも「自分」とは何だろう。よく「仮面をあれこれ被り過ぎてどれが本当の自分が分からない」なんて話もあるけど、自分って何だ。本当の自分で何だ。こんなに苦悶しているのに母の前に出るとスッと表情を変えて普通に振る舞う自分がいる。これは誰だ。夫に対して「あーもーやだーーー」とゴロゴロまくれながら愚痴をこぼすだけの自分がいる。これは本当の自分か。ブログに綴る文...
  • キレイな家を目指したいP子さんのプロフィール
こううんさん
  • ニーチェ論
  • 悪しからずニーチェ論2019年01月16日 |日記 私はニーチェに惹かれるのは、彼の我儘な程の意固地さだ。そして欺瞞や偽善に覆われた「常識」を破壊しようと、自身の精神を破壊し乍らも「世間」に迎合せず、苦悶し続けた事だ。ニーチェは「神は死んだ」と、当時、キリスト教を母体としたヨーロッパ近代を懐疑しそれに警鐘を鳴らした。そのためには、「いじめ」による孤立無援をも覚悟で我が侭を徹さねばならず、そしてそれは一...
  • こううん変身出来なさそうこううんさんのプロフィール
ykkyyさん
  • 青春の詩碑
  • 志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚の皺を増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑や、不安。恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であるうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く驚異への愛慕心、空に...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
raplusさん
  • 23位 カルハロス -ロードオブザリング強さランキング-
  • 強大な狼と戦うまでは死なない」という運命を知ったモルゴスは、ドラウグルインの血筋の中から仔狼を選び出し、手ずから生き餌で育てた。 その結果、アングバンドのどの穴にも入れない巨体に成長し、モルゴスの火と苦悶と飢えがその中に入り込み、カルハロスは世界にまたとない恐ろしい怪物となった。 モルゴスは来るべきフアンとの戦いに備え、カルハロスをアングバンドの城門の眠らぬ番人にした。 ベレンとルーシエンがシルマリル...
  • 色々なことを書くブログraplusさんのプロフィール

苦悶を含むブログ村メンバー

  •  
徳薙 零己さん
愚耕禿聖士さん
愚耕禿聖士さん
UNOさん
おっとっとさん