聴衆

聴衆についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [聴衆] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

聴衆を含むブログ記事

おかちゃんさん
  • ルチア・ポップのシューベルト歌曲集(1983.11録音)を聴いて思ふ
  • 鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパンの「ポッペアの戴冠」はとても良かった。モンテヴェルディ当時の古楽器による管弦楽と歌手ひとりひとりの見事な饗宴。満員の聴衆を含め、そこには一体の美があったように思う。思いきりのよい男じゃな。しかし、一身を潔くするというだけのことなら、たいしてむずかしいことではない。むずかしいのは天下とともに潔くなることじゃ。〜下村湖人「...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール
びっくり くりくりさん
  • 久保田早紀 - 異邦人
  • 一つである。元々のアレンジは違っていたそうであるが、プロデューサーの酒井は、同年初頭のジュディ・オング「魅せられて」でエーゲ海を題材にしたのに続いて、またこの曲がCMに起用される話が持ち込まれたため、聴衆の異国情緒に訴える題材としてシルクロードを選び、作詞作曲者が当初には想定していなかったエキゾチックなイメージを加味し、「シルクロードのテーマ」のサブタイトルを付して発売した。シルクロードのイメージを増...
  • oh my God こりゃ なんだびっくり くりくりさんのプロフィール
飛騨の山猿さん
祐子さん
  • ヴィルサラーゼ コンチェルト 聴いてきました
  • てもそうは見えませぬ!素晴らしい芸術家でした。来年行われる浜松国際ピアノコンクールの審査員も決まっていますし、東京でも後進の指導にあたって下さってるそうですから、ピアニスト志望とお見受けする若い方達の聴衆も多かったです。(クラシックのコンサートって中高年の聴衆が常ですからね〜)ピアノ人口は決して減ってないと思いますし、コンクール熱も私の子供の頃とは比べものにならない位盛んですから、若い人、いえもっと子...
  • PIANOでワクワク祐子さんのプロフィール
現代日本語百科    けふも  お元気ですかさん
  • 学習の変化
  • とだと言いつつ、次回にも同じことになってしまうことが、わたしの時間ぐりのまずさで起こってしまう申し訳がないなぁ、ゼミの時間だけは気をつけないとそこで表現演習のディベートを聞いていて論理をたどりきれない聴衆、オーディエンスに日本語の訓練、言葉の使い方の練習が必要なことを感じる先々回も今回もつじつまの合わない論理破綻を起こしていることに気づかないたとえば法律で規制しようとの主張は、規則での合意を図るから、...
  • 現代日本語百科   けふも  お元気ですか現代日本語百科    けふも  お元気ですかさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
道北音楽教育研究所さん
  • 「揺れる合唱」に関する研究発表を行いました
  • した。内容は以下のようです。・合唱は、学校教育において、合唱は音楽科の授業に留まらず、子どもたちの協調性や団結力を高めるため、学級づくりの一環として取り組まれている。・発表の場として学芸会や音楽会等で聴衆を前に合唱をする際、子どもたちが体を揺らして歌っている姿を目にすることがある。指導する教師が、合唱する子どもたちに、歌いながら体を揺らすようにと、指導することもある。・一方、声楽的な観点からは、体を揺...
  • 道北音楽教育研究所[道北おとぼけキャラバン]道北音楽教育研究所さんのプロフィール
トミーさん
  • 関西弁でビートルズ和訳シリーズ Cold Turkey
  • Lennon Capitol 1998-02-24Amazon楽天市場 ビートルズではない宣言この曲はまだ発売される前にトロントのライブで初披露されたんだけど、ビートルズのジョンを期待していたであろう聴衆の度肝を抜く、というかあまり受けなかったようだ(笑) そして曲のクレジットも、ビートルズの解散を待たずレノン=マッカートニーからジョンレノン個人名義にしてしまったのだ。 Cold TurkeyTe...
  • ガラスのタマネギは砕けないトミーさんのプロフィール
flutist-dystoniaさん
  • ジストニアになった時の不安やストレスを極力減らす方法
  • んなことをずっと考えています。? 何か達成感や満足感のあることを探して実践する私がなぜ音楽家という職業の虜になったかというと、演奏した後にそれまでの勉強や練習したことを出し切ったという達成感を味わえ、聴衆に喜んでもらえたという満足感が味わえるからです。それって、「楽語の意味がわかった」「自分の思い通りにフレージングできるようになった」「ややこしいパッセージができるようになった」「作曲家について新たなこ...
  • 局所性ジストニアを手指に発症したフルート奏者flutist-dystoniaさんのプロフィール
かんちゃんさん
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:グラズノフ 交響曲第1番・第5番
  • ってもいいでしょう。二つの演奏では指揮者ヤルヴィとオケのバイエルン放送響との息が絶妙!二つの作品とも何かを強烈に訴える作品ではないんですが、とにかく素直に楽しめつつ、さらりと民族色が入っていて、当時の聴衆は熱狂しただろうなあと想像しますが、さらりと演奏しつつも、熱も自然と入っている演奏となっています。それはまるで、現在のヨーロッパが置かれている民族自決の問題に影響を受けているかのようです。どっぷりつか...
  • かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール