家々

家々についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家々] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家々を含むブログ記事

しろいみちさん
  • ◆6個分の準備ができ……恐縮しております◆
  • さて、今朝もこの上ないお天気ですが、昨日もいいお天気でした。昨日は珍しく孫たちを連れて倉敷の町へ出かけました。昨日と今日は阿智神社の秋の大祭で、倉敷の町では恒例の屏風祭りが開催されていました。伝統ある家々の玄関に屏風が飾られて自由に見学させて頂けます。初めて行ったのですが、目の保養をさせて頂きました。まずは阿智神社にお参りして……       小さな子供を連れていたので全部は回れませんでしたが……  ...
  • 手織り*白い道 〜手仕事の日々〜しろいみちさんのプロフィール
アメーバブログさん
  • ● 与えるものが受けとるもの。
  • んでいる、努力家で、勉強家で、賢明な読者さまであれば、すでにお分かりのこととおもいますが、つまり、こういうことなのです。きこりは、きこりとして、山の上で一所懸命に、全力で木をきって、山の下にいる人々の家々などを建てるための立派な木材を用意して、世の中や、人々の役に立てば、その見返りとして、お礼として、山の下にある米や野菜や魚などが、山の上にいるきこりのもとへと運ばれてゆくのは、自然の摂理であり、自明の...
  • たいやき社長 アルバイト従業員に語るアメーバブログさんのプロフィール
oininさん
  • 停電
  • たランプか、夜道を行く旅人のために、通りの角や十字路のような要所にある神像に供えられた灯火ぐらいだったのだ。それは帝政下のローマにおいても例外ではなく、暗闇のなかで、このようなわずかばかりの明かりか、家々から洩れるランプの明かりを手がかりに、位置を推しはかるしかなかった。停電時に読んだ本で、電気の無い生活に思い馳せることになろうとは・・・。暗くなったら寝るだけ。それでいいのかも。だけど、バンコクで扇風...
  • 第三章 無職生活満喫中(ときどきバンコクにて)oininさんのプロフィール
なでしこBLOGさん
  • 出先の街の出会い
  • ススメの秋の散歩コースをブログでチェック!記事を書く検索ウェブこのブログ内でなでしこBLOG短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場出先の街の出会い2018-10-20 13:45:02 |秋の装い家々の庭とか街路秋の花植えるやさしさ人の目に着くハクチョウソウの札。ハクチョウソウ。鶏頭;キャッスル。サルビアガラニチカ。エンジェルトランペット。『写真』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリック...
  • なでしこBLOGなでしこBLOGさんのプロフィール
北欧輸入住宅 スウェーデンホーム姫路展示場 場長さん
  • timeless design 流行廃りの無いデザイン
  • 改めて、この家の素晴らしさを再認識させて頂きました。この播磨地方には200件以上のスウェーデンホームが建っていますが、全ての家が素晴らしい家で、1低1邸が恐れながら作品のように思っています。僕の自慢の家々とご家族様です。秋の風の中、優雅に佇むスウェーデンホーム。 最高です。スウェーデンホーム インスタ 素敵な画像アップしてます。 是非フォローくださいませ。m(__)m   スウェーデンホームホームペー...
  • スウェーデンホームと日々の生活北欧輸入住宅 スウェーデンホーム姫路展示場 場長さんのプロフィール
tobejiさん
  • ナローゲージで東海道散策(3日目その5)
  • う鉄道へ移管されたと見ました。 更に6分歩き・・・。 名残の一本松が見えてきました。 かつてここ一帯は家がなく縄手と呼ばれ、写真のような松が並んで植えられておりました。 現在では近代化や区画整備により家々なども立ち、写真の松のみが残っている状況です。 名残の一本松から見た東海道の追分方向。 ここ一帯に松が並んでいた名残かどうかは知りませんが、周辺は車道が2車線弱分位と広くなっております。 この後は泊駅...
  • 超特急TB号tobejiさんのプロフィール
空華ー日はまた昇るさん
  • 銀河アンドロメダの感想16(金の花びら )
  • カフェーを出て、金色の道も過ぎ、しばらく歩いたが、吾輩には金色の国ゴールド国というのが不可解だった。金が余程ありふれているようで、長い道が金色の所と石畳が交互にはなっていたが、道の両側にちらほら見える家々にも金色の家が多い。やがて、小さな森林公園があり、その向こう側に教えられた下宿屋はあった。ハルリラはそれを見て「築五十年は過ぎている」と言った。確かに、その下宿屋は古びた銅が腐食して青みかがった壁で、...
  • 空華ー日はまた昇る空華ー日はまた昇るさんのプロフィール
Yukiさん
  • 山を下りる
  • エリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。山を下りる2018年10月20日 |山の日々『写真』 ジャンルのランキングコメントTweet«山中の家々 |トップ |次の記事へ »このブログの人気記事登り坂山を下りる路傍の花城跡寒緋桜の枝石の受け皿無題枯れた木見晴らし朝のはじまり最近の画像[もっと見る]山を下りる23時間前山を下りる23時...
  • 日々の風景の小さな写真館Yukiさんのプロフィール
気ままな旅さん
  • 懐かしさは遠くなる程強くなるものですね・・・
  • 朝に歩くのが好きで、しかも表通りでは見られない一本裏に入った素朴で長閑な知らない姿を垣間観たく歩いている。 そこには美しい風景とは異なる、何か心を和ませてくれるものがある。 崩れかけた歴史を感じさせる家々の石作りの壁にも陽光が差し込み、初秋の涼しさを感じる気候なのに家々の緑色の窓辺には赤い花々が咲いていた。 そして、窓から窓へ紐に吊るされた洗濯物が幾重にも連なり満艦飾豊かにひるがえっていた。 朝食の準...
  • 気ままな旅気ままな旅さんのプロフィール
minouさん

家々を含むブログ村メンバー

  •  
つぶ庵さん
ひろさん
高北不動産株式会社さん
Chelseaさん
  • シムズ2愛の劇場Chelseaさんのプロフィール
  • PCゲームシムズ2で、プレイ日記かいてます。 ダウンロードサイトの紹介もあります。