一節

一節についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一節] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一節を含むブログ記事

南国トトロさん
  • 戦争のない世の中へ
  • 究する専門機関に依頼して全文を解読する事が出来ました、、、その結果、やはり「身重」と書いてある事が判明しましたその裏付けは手紙の最後に書かれたほとんど肉眼では判別できない部分が辞世の歌になっておりその一節に「気にかかるのは妊娠の妻」とあったからでした身重の部分は「身重のお前が外に働きに出る事は許さない」という母子を気遣った精一杯の優しい言葉でした解読にあたった専門家もスタッフも勿論依頼者本人も声を上げ...
  • 南国トトロのマレーシア暮らし(ハリマオの国から)南国トトロさんのプロフィール
なおじいさん
  • 天皇陛下、最後の追悼式で新たな1文 平和への強い願い
  • がいたみます」。戦争の当事者としての心境をおことばで明かし、これが逝去前最後の公式行事となった。 それから、ちょうど30年になる。父の後を継ぎ、追悼式に出席した天皇陛下は「今もなお、胸がいたみます」の一節を「深い悲しみを新たにいたします」に変え、戦争の記憶を継承する大切さを訴えてきた。「象徴」として重きを置いてきた戦没者慰霊は、次世代の皇室に受け継がれる。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリッ...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
通りすがりさん
  • 自画像(朝比奈あすか)
  • 「美しさ」について考える時、僕がいつも思い浮かべてしまう文章がある。桜庭一樹「少女と七人の可愛そうな大人」という小説の一節だ。『異性からちやほやされたくもなければ、恋に興味もなく、男社会をうまく渡り歩きたくもなければ、他人から注目されたくもないのに、しかし美しいという場合、その美しさは余る。過剰にして余分であるだけの、た...
  • 黒夜行通りすがりさんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 伊豆新聞掲載=道具結んで「橋」高々と
  • 太鼓台を威勢良く練り歩き、11基の供奉道具を綱で結び高々と連ねる「太鼓橋」を4カ所で披露した。女衆や子どもたちが軽快なお囃子を響かせ、見物人も熱狂し、旧町内が熱気に包まれている。15日まで。例大祭は、一節によると二代目下田奉行・今村伝四郎が寛永4(1627)年以降に定められたとされる。太鼓の音律は大阪夏の陣で勝利した徳川軍の打ち鳴らす陣太鼓を模したと伝えられている。ジャンル:ウェブログコメントTwee...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
ちち子さん
  • 貝のような夫が、口をひらいた
  • たらどんなにか心強く、揺るぎない気持ちでいられたか。。。みなさんのお言葉、頼もしいなぁ〜といつもそう思いながら拝見しています 今、離婚の渦中にある方ブログコメント欄もぜひご覧下さいねきっと、心に刺さる一節に巡り会えるかと思います! * はじめての方はぜひ! →登場人物紹介   離婚宣言してからの記事をまとめて読めます ↓離婚宣言!のあとで 前回の記事↓やっと気づいたほんとうの幸せ...
  • シングル母さん ちち子が行く!ちち子さんのプロフィール
snowshoe-hareさん
  • いよいよハッジ(大巡礼)シーズンらしい
  • (ちなみに女性は下着着用OKよ〜)。Youtubeで拾ってきた聖地メッカの様子です(音量注意!)???この重低音ヴォイスどこかで聞いたぞ?と思ったら、サウジエアーに乗ると流れるお経、もとい、コーランの一節を唱えている男性と同じでした。そっちの世界では有名な人なんですかねぇメッカやメディナからのライブ配信動画もあったりして、今やハッジもネットで自由に閲覧できる時代となりましたなんかもろもろ進んでしまって...
  • 〜徒然なるままに@サウジ〜snowshoe-hareさんのプロフィール
olomoučanさん
  • 十六日目、あるいは手話のラッパー〈LŠSS2018〉(八月十三日)
  • ころとないところを頻繁に出入りすると妙に疲れて体調を壊すこともあったのを思い出す。活動効率はともかく、疲労度は大差ないのかな。 授業は、あれこれ復習なんかをしたあと、ニェムツォバーの名作『バビチカ』の一節を読んだ。日本語の翻訳も刊行されているが読み通したことはなく、当然チェコ語のオリジナルを読むのもはじめてである。いやあわからんかった。チェコ語でプシェホドニーク、日本語だと副動詞というのかな、が続出す...
  • オロモウツ日本語リハビリ日記olomoučanさんのプロフィール
涯 如水さん
  • 現代の探検家《植村直己》 =026=
  • ルクから西海岸に沿って南下し、ウパナビックまで。さらにそこからシオラパルクまでひき返すという、単独での犬橇旅行だ。このグリーンランド滞在の記録である『極北に駆ける』(文春文庫)の末尾近くに、次のような一節がある。目的地のウパナビックに着いたら、郵便局に行って手紙を書こうと思っていたが、帰りのことを思うと30分でももったいない。だから橇の上で便箋を取り出し、6通ばかり手紙を書いた。マイナス33度のなか、...
  • 壺公夢想涯 如水さんのプロフィール
arionさん
  • 神の芸術と個性について
  • 存分に発揮する。そして、社会的に、ある程度、認められる。評価を得て、それ以外の世界をどんどんと出していく。こういうことが大事であろうと私は思います。」(大川隆法著「ピカソ霊示集」ピカソの霊言より)この一節は何度かこのブログでも取り上げましたが、これからは優れたる個の時代になる、ということです。日本人的な組織や人は、出る杭は打たれる、という考え方や調和を重んじる性質があり、優れたる個、が出てきにくい文化...
  • 文化の創りかたarionさんのプロフィール
ユーモンさん
  • ワイツゼッカー大統領の言葉
  • ちに対して、「他の人々に対する敵意や憎悪に駆り立てられることがないように」と語りかけた。日本でも『荒れ野の40年』(日本語訳は岩波ブックレット)と題する、1985年5月8日の連邦議会における演説の中の一節“過去に目を閉ざす者は、現在に対してもやはり盲目となる”で知られる。「過去についての構え」である罪と「未来についての構え」である責任とを区別し、個人によって罪が異なるとしても共同で責任を果たしていくこ...
  • KJ SKY Highユーモンさんのプロフィール

一節を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
と〜ますさん
ナインノーツさん
koroさん
Mr.CATさん