噴石

噴石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [噴石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

噴石を含むブログ記事

森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
  • 【気象庁予報部】 11月09日16:22分、""雷と突風に関する全般気象情報 第4号""
  • 島地方気象台】 11月09日16:00分、""火山名 諏訪之瀬島 火山の状況に関する解説情報 第18号""39分前【hazard lab】 9月09日17:30分、""諏訪之瀬島で爆発的噴火!飛び散る噴石700m 夜には「火映」現象も…鹿児島県""49分前コメントを投稿ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScrip...
  • 森羅万象・考える葦 インターネットは一つの小宇森羅万象・考える葦/平 凡太郎さんのプロフィール
森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
山之介さん
  • 返り討ち「蓼科山」
  • う。」  と、言ってもここから山頂までは40分ほどだから8:15頃には着いてしまう。  「それじゃぁダメなんだな、10時頃だろ晴れるの、は多分。」  と、考えながら再スタート。  この先は冷え固まった噴石の大岩を登ります。  ここから標高差で約300m弱だけど岩が大きいからすぐに標高を上げられます。  鎖場 使う事はないけど。  15mほど上に居る人ですら良く見えない。  ペンキに沿って左に回り込みま...
  • てくてく山歩き 今日はどこに登ろうか山之介さんのプロフィール
森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
  • 【福岡管区気象台・鹿児島地方気象台】 11月7日16:00分、""火山の状況に関する解説情報(口永良部島第119号)""
  • 島地方気象台**(見出し)**<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続> 口永良部島の新岳火口では、噴火が続いています。新岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。**(本 文)**1.火山活動の状況 新岳火口では、10月21日から噴火が断続的に発生しています。5日以降の噴煙の高さは、最高で火口縁上1400mでした。 また、6日の夜...
  • 森羅万象・考える葦 インターネットは一つの小宇森羅万象・考える葦/平 凡太郎さんのプロフィール
森羅万象・考える葦/平 凡太郎さん
  • 【hazard lab】 11月08日10:48分、""口永良部島「噴煙1400m」屋久島からもハッキリ 漁港周辺は火砕流に警戒を!""
  • 高い」と指摘されており、今後、地下のマグマに新たな動きがあれば、さらに活発化のおそれがあるとしている。 気象庁は、引き続き噴火警戒レベル「3(入山規制)」を維持し、新岳火口から約2キロ範囲では、大きな噴石が飛散したり、火砕流が発生するおそれがあるほか、漁港がある向江浜地区では、火口から海岸まで火砕流が到達する危険性もあるとして、警戒を呼びかけている。ジャンル:災害ランキングに参加中。クリックして応援お...
  • 森羅万象・考える葦 インターネットは一つの小宇森羅万象・考える葦/平 凡太郎さんのプロフィール
kt01mkさん
  • 1級実技2018問6
  • 解:(ア) ×(イ) ×(ウ) 〇(エ) ×(ア) 誤り。「地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による被害を補償する保険となっていますので、火山の噴火に伴う噴石で自宅建物が全壊した場合でも、地震保険から保険金が支払われます。」(イ) 誤り。「地域により地震の発生確率が異なるため、地震保険の保険料は、保険対象である建物および家財を収容する建物の所在地により異な...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
クララままさん
  • *口永良部島噴火、噴煙の高さ昨日は1500m、今日は高さ1000m。
  • 口永良部島では、6日も噴火が続き、噴煙が火口から1000メートルまで上がったほか、火山ガスの放出量や火山性地震も多くなっています。気象台は噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。口永良部島では、先月21日からごく小規模な噴火が断続的に続いていて、火口からの噴煙の高さは、5日に1400メートルと一連の活動で最も高くなったほか、6日も午前中...
  • *クラりん・カナたん日記*クララままさんのプロフィール
やすさん
  • 九州リベンジ またね
  • 園道路。ロープウェイの支柱が、まだわずかに残っていました。 火口から戻る途中、「砂千里ヶ浜」という場所がありました。マグマ破片や火山灰が一面に広がっています。 それにしても、すごい景色です。 巨大な噴石が。 のんきにピースサインしちゃってるけど、こんなのが飛んで来たらひとたまりもないよね。 恐ろしい… それにしても寒い!風で口に砂が入るし! こんな強風でも、阿蘇中岳に登山に行く人が何人かいました...
  • 僕がHIVとともに生きる記録やすさんのプロフィール