攻めの農業

攻めの農業についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [攻めの農業] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

攻めの農業を含むブログ記事

toshinobuさん
  • 農産品輸出額が過去最高 輸入額も最高レベル 「攻めの農業」の限界を知れ
  • ml 「日本食人気を背景に牛肉や加工食品などが好調だった」(17年 農林水産物輸出額 5年連続上げ8073億円 米、牛肉、緑茶が好調 19年1兆円遠く 日本農業新聞 18.2.10)。安倍政権の言う「攻めの農業」政策が功を奏しているということだろうか。 しかし、ちょっと待て。上記農業新聞の記事も、「伸び幅は十分とは言えず、このままでは「19年に1兆円」という政府目標の達成は難しい状況だ」と言う。 それ以上に...
  • 時評日日toshinobuさんのプロフィール
農村研究会さん
  • クラウドやビッグデータを使った最先端農業の仕組みに迫る
  • 然との戦いの歴史であり、厳しい自然の中で作物を育てるため、過剰な施肥(肥料の投与)などによる環境汚染も数多く行われてきた。これらのことから、これからは環境保全型で、かつコストを下げながら収益を上げる“攻めの農業”へのニーズが高まっている。■世界で導入が進む新しい農法とは?現代では、前述した環境問題やコスト削減に配慮した新しい農法として、養液土耕(ようえきどこう)栽培が世界各地で導入されつつある。養液土耕栽培...
  • 農村を活性化させる為には?農村研究会さんのプロフィール
三井田孝欧さん
  • 平成30年三富佳一後援会新年会米を輸出!攻めの農業
  • 衆議院議員、自民党・佐藤信秋参議院議員、自民党・小林一大県議、柏崎市長、刈羽村長からの来賓祝辞があったなか、細田健一衆議院議員は先日も本ブログで書いた中国大陸への米の輸出についてお話しになった。まさに攻めの農業への発想転換が必要であり、政治の力が必要になる。 三富佳一県議ご本人からは、攻めの農業をするための土地改良の現状、これまで培った人脈もフルに活用し、柏崎刈羽地域の住民のためは当然のこと、新潟県全体のた...
  • 納豆人生まっしぐら三井田孝欧さんのプロフィール
toshinobuさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

攻めの農業について