ジョン・クラシンスキー

ジョン・クラシンスキーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ジョン・クラシンスキー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ジョン・クラシンスキーを含むブログ記事

たいむぽっかんさん
ケントさん
  • クワイエット・プレイス
  • ★★★☆製作:2018年 米国 上映時間:90分 監督:ジョン・クラシンスキー 製作費が1700万ドルで、登場人物は約7人+モンスター3匹、主演は監督・脚本・製作総指揮の4役をこなしたジョン・クラシンスキーで、その妻役も実際の妻が演じている。なんとなく中小企業的な映画であるが、...
  • ケントのたそがれ劇場ケントさんのプロフィール
ハリー東森さん
  • 「クワイエット・プレイス」見てきました
  • 父親の愛を知ったときはもう手遅れやないの。そして母親は強かった。おいおいエイリアン、銃で撃ったら死ぬんかい。だったら軍隊はなにしとるんや。いやいや、やっぱりこれは “局地的” 設定なんですよ。父親役のジョン・クラシンスキーは監督・脚本と3役をこなしていて、母親役のエミリー・ブラントとは実生活でもご夫婦だそうで、これも “局地的” ですな。...
  • シヌマDEシネマハリー東森さんのプロフィール
たんぽぽさん
  • クワイエット・プレイス
  • 子、最近見た覚えがある・・・と思ったら「ワンダー・ストラック」に出ていたのでした。実際に聴覚障害のミリセント・シモンズさん。またどこかでお目にかかりたいものです。監督・脚本と夫役として出演しているのがジョン・クラシンスキーで、妻役のエミリー・ブラントとは実際の夫婦。なるほど、作品自体も家庭内作品。でも面白かった。<シネマフロンティアにて>2018年/アメリカ/90分監督・脚本:ジョン・クラシンスキー出演:エミリー・ブラ...
  • 映画と本の『たんぽぽ館』たんぽぽさんのプロフィール
ばみとんきーさん
  • 映画☆クワイエット・プレイス
  • 紹介文「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害...
  • ばみの乱読日記 と猫雑貨。ばみとんきーさんのプロフィール
ももじろう2号さん
  • 『クワイエット・プレイス』/名古屋でシネマ?
  • き残った1組の家族がいた。その“何か”は、呼吸の音さえ逃さない。誰かが一瞬でも音を立てると、即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らすエヴリン(エミリー・ブラント)&リー(ジョン・クラシンスキー)の夫婦と子供たちだが、なんとエヴリンは出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、無事最後まで沈黙を貫けるのか―― 映画の舞台は、音に反応して人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕し...
  • シネマ de モンドももじろう2号さんのプロフィール
chachamarupapaさん
  • 映画 クワイエット・プレイス
  • かも、妻は妊娠中という中で、彼らは如何にして生き延びることができるか。監督はアメリカドラマの「トム・クランシー CIA分析官 ジャック・ライアン」主演と制作を務めた映画でもバイプレイヤーとして活躍するジョン・クラシンスキーで夫役として出演、さらに実際の妻のエミリー・ブラントが妻役で共演してます。また、子供役の姉リーガンと弟マーカスを演じたミリセント・シモンズとノア・ジュプが演技がとても素晴らしいです。耳の聞こえない姉と...
  • 毎日が美びっとカルチャーchachamarupapaさんのプロフィール
ska-n-tasticさん
  • クワイエット・プレイス
  • A QUIET PLACE監督:ジョン・クラシンスキー音楽:マルコ・ベルトラミ 出演:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュープ2018年 アメリカ映画 9月末に劇場公開されたばかりの作品なので、まだ未見ですが...
  • サウンドトラック秘宝館ska-n-tasticさんのプロフィール
ragaさん
  • 「クワイエット・プレイス」
  • のか、サバイバル、生と死、家族の絆、"長男の活躍" をここで披露させるべきだしそこで父親への哀悼が交錯するはずである。そしてもう一度赤ん坊の泣き声で危機に瀕する局面も必須であろう。予算がなかったのか、ジョン・クラシンスキー監督の手腕はこの作品で認められたので次回作は納得できる結末を期待する。 以前にも語った事があるが今回もしかり、異形の怪物が正体を見せるが「エイリアン」の故H・R・ギーガーがデザインした怪物を凌駕するも...
  • やっぱり映画が好きragaさんのプロフィール
映画好きパパさん
  • クワイエット・プレイス
  • で楽しみにしていましたが、正体を見たら枯れ尾花。クリーチャーがでてきたところで、かえって怖さが薄れてしまいました。クリーチャーとの対決は楽しめましたけどね。  作品情報 2018年アメリカ映画 監督:ジョン・クラシンスキー 出演:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ 上映時間:90分 評価★★★(五段階) 観賞場所:TOHOシネマズ川崎 2018年劇場鑑賞233本目ブログ村のランキングです。...
  • 映画好きパパの鑑賞日記映画好きパパさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ジョン・クラシンスキーについて